qrcode.png
http://artntap.com/
モバイルサイトにアクセス!
ARTN TAP DANCE STUDIO
東京都渋谷区代々木1-51-9
ルネッサンス代々木98 1F
TEL03-6424-5566
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
107944
 

奨学生の写真・感想等(~2010年)

 

2010年

2010年
フォーム
 
みすみゆきこ
今年は5年ぶりに仕事抜きで1生徒として渡米しました。
シカゴタップフェスティバルの第1週目のみの参加でしたが、生徒に徹せるというのは、本当に幸せな気分で、昔に返った気 持ちで穏やかなでもありポジティブな気持ちになれました。やはり教えやショーがあると、体調管理に気を使って思う存分受講できなかったり、講師として参加していると最後列で受けな いとならなかったりするので、集中して学べなのです。 そして、特に今年はシカゴフェス20周年ということもあり、スカラ発足のきっかけとなり大変お世話になってるレーン・ア レキサンダー氏にも「おめでとう!」を言えてよかったです。
成田で奨学生2人と合流し、たまたま同じ飛行機になったCOCORO さんとも出発ゲートで合流。
シカゴ空港ではNYから来たくりまきこさんとも合流し、5人 でダウンタウンに向かいました。
翌日からは1クラス2時間のレジデンシー(同じメンバーで5日 間レッスン)。 奨学生の2人は4つのクラス全てをとってがんばっていました 。
懐かしい仲間との再会、そしてダイアンとの再会。 夜はダイアンと観光したり、食事したりとても楽しい日々をす ごせました。
私は1週目だけで帰国しなければならなかったのですが、皆は2週目も残り、充実した日々を送ったようです。
マスターがいなくなったフェスは、少し感じが違いますが、それでもその精神は受け継がれてると思いました。
LAタップフェスティバルの時期は、私はちょうど香港の仕事だ ったので、今年も同行できませんでした。その上、今年はレナちゃん1人だったので、とても心配でした。とりあえず空港へ の行き帰りの送迎だけでも確保し、後は色々な人に彼女をお願 いをしました。レナちゃんの勇気は、タップを学びたいという 情熱以外も何者でもありません。素晴らしいと思いました。
若い人たちが色々なことを感じてくれるといいな~っていつも 思います。 そして日本に良いものだけを持ち帰って貢献してほしいと思い ます。
1
 

2009年

2009年
フォーム
 
LA TAP FESTIVAL 奨学生の感想(1)
いろいろな刺激を受けた中で、心に焼きついたものの一つはOpus #1 を学んだことだ。Opus #1のクラスは4日間連続で取るクラスだ。
ハロルドは足が悪いので、Sarah Reichがステップを教え てくれた。
ハロルドはくせのある少しハスキーな強い口調でい つもOpus#1の歴史について語ってくれた。きまっていつもクラ スが終わる直前。みんなでハロルドを囲むように座って彼の話 を聞いた。「世界中から様々な人が一緒に踊るということが、Opus#1 の本来の意味。OpusのOは世界のO。(世界は丸いから)。そし て平和を意味しているんだ。いろいろな人が歌って、好きな服 を着て、それぞれ違うものを持ち込んで、世界の中の一つになる。それがとても"素晴らしい"ことである。(Haroldは日本 語でスバラシィーとおっしゃってくださいました笑)。そして 、自分の踊りを見つけなさい。ひとりひとりが違って素晴らしいのだから。そしてその音楽の一つになりなさい。音楽は感動 を与えてくれるのだから。」そしてその話を聞いたあとで見たHarold のパフォーマンス。Mr. Bojangles 。あまり動かない足で、訴えるように歌う、踊る、体全体で観客に訴えるHarold。 私はまだ、彼が言っている意味のひとかけらも理解していない 気になった。Haroldを通して、私はタップとは"古い"ものと "新しい"ものが共存することは可能で、お互いがお互いを尊 重しあえること。共存はただパッチワークのように切り取り貼 り付けではなく、ちゃんと珈琲とミルクがラテになるように混 ざりあえること。そういう方法を自分の中で探していくことの ような気がした。そしてHaroldを支えるSarahとのパートナー シップはとても素晴らしくて、それもBe part of the world, "O"なのだと思った。
みすみさん、ベースメントさん、送り 出してくれたサポーターの皆様、ありがとうございました。
3
 

2008年 TRADITION IN TAP (NY) 

2008年 TRADITION IN TAP (NY) 
フォーム
 
みすみ゛Smilie゛ゆきこ
今回初めてTradition In Tap (どなたか1人をタップマスターをトリビュートし、その方にゆかりの先生達がワークショップをするNYのイベント)に奨学生を送れました。
全面協力して下さったBASEMENT様、そしてサポーターの皆さん、ありがとうございました!!
 
今回はダニー・ダニエルズ氏のトリビュート。Broadway Musical[TAP DANCE KIDS]の振付でトニー賞を受賞した他、多くの功績を残され、最近ではジェイソン・サムエルズ・スミスを起用したショートムービー[TAP HEAT]の振付で話題になったマスターです。
1日目の夜のショーケースでは、2月に東京でのオーディションで選ばれた奨学生の2名(越替由美、斉藤望)もそれぞれソロを披露ました。ワークショップではTap Dance Kidsの振付や、ハットルーティンや、慣れないブロードウェイスタイルのアームスで苦労しましたが、新たなタップの世界を体験しました。 2日目にはNYのNATIONAL TAPDANCE DAYの舞台を見ました。
今回はジミーが亡くなってすぐだったので、彼のトリビュートがメインでした。
3日間のワークショップの他、それぞれSTEPSやBDCに好きな先生を受けにいったり、TAP JAMに行ったり、充実した日々を過ごせたと思います。
私はカペチオダンス賞のレセプションに参加したり、カペチオンのミーティングに同行したり、またジミーの告別式に参列する為にボストンまで行ってきました。(詳細はSmilieブログにてご覧下さい)
1
 

2008年 CHICAGO TAP FESTIVAL 奨学生の写真・感想等 

2008年 CHICAGO TAP FESTIVAL 奨学生の写真・感想等 
フォーム
 
みすみ゛Smilie゛ゆきこ
2008シカゴタップフェスティバル。今年もゲスト講師・パフォーマーとして呼んで頂きました。
今年は東京での舞台リハがあり、1日の遅れのシカゴ入り。到着したその日に、新しいイベントであるオープニングショーに出演。時差ボケと疲れで死にそうでした。しかも8000名キャパの巨大シアター。きれいな場所でしたが、自分の音もバンドの音もよく聞こえず大変でした。そんな中でも久し振りにTAP界に戻ったテッド・レビーと共演できたのがうれしかったです。
講師陣のショーは例年と同じく最後の3日間にあり、私は金曜日でした。デリック、ジェイソン、バーバラ、ダイアン、レーンと共演しました。
今年はマスターが誰もいなかったので、さみしかったです。舞台でも「去年はジミーがいたのに・・・」みたいな空気感があり、皆おだやかな曲を踊ってました。皆一人一人がジミーへのレクイエムを踊っていたようです。
2回目となります日本からの奨学生は、鈴木心理、米沢一輝、長友沙織、大塚レオナの4名を送りました。今年は皆大人しかったので心配したのですが、楽しんでいたようでホッとしました。 今年は場所も変わり、初めてのイベントとして生徒のショーケースとパネルディスカッションもありました。
他例年やっているカッティングコンテスト(インプロコンテスト)とタップスラム(振付のコンテスト)があり、生徒さんは皆それぞれのイベントに出演しました。
カッティングでは今年も日本人が優勝。レオナです。ローカルのラジオにもインタビュー出演しました。 日本人はやはりすごいと思い、鼻が高かったです。
詳しくはSmilieブログ、左側のブログアーカイブ古き記事から、7/28~8/3をご覧下さい。 blog.myspace.com/smilieyukiko
1
 

2007年 奨学生の写真・感想等

2007年 奨学生の写真・感想等
フォーム
 
みすみ゛Smilie゛ゆきこ
2007-08-16
今年もシカゴタップフェスティバルにゲスト講師、ソロパフォーマーとして招いて頂き、7/28-8/7渡米しました。
そして今年は私と主催者レーン・アレキサンダーとで選抜した4名の日本人奨学生、ポリ・金子真弓(ヒグチスタジオ)・ナナ(冨田スタジオ)・米澤一平と、レーン来日時に私をサポートした働きに対し特別にARTNより未佳と森田洋介を優待生として参加させてもらいました。
皆が素晴らしかったので、来年も奨学生を送れる事になりました。
そして他にも日本から生徒さん数名が自主参加しました。
講師陣はDr.ジミー・スライド、ダイアン・ウォーカー、ハロルド・クローマー、デリック・グラント、ジェイソン・サムエルズ・スミス、ドーメシア・サンバリー・エドワード、ロクサン・バタフライ、サム・ウェバー、バッカーリ・ウィルダー等、すごいメンバーでした。こんな中で教えたり、舞台に立つ事ができるのはとても光栄ですが、すごいプレッシャーで、緊張と興奮の連続でした。
 

奨学生の写真・感想等

奨学生の写真・感想等
     
<<ARTN TAPDANCE STUDIO>> 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-51-9 ルネッサンス代々木98 1F
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
info@artntap.com TEL:03-6424-5566 FAX:03-6424-5566