qrcode.png
http://artntap.com/
モバイルサイトにアクセス!
ARTN TAP DANCE STUDIO
東京都渋谷区代々木1-51-9
ルネッサンス代々木98 1F
TEL03-6424-5566
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
110611
 

奨学生の写真・感想等(~2010年)

 

2010年

2010年
フォーム
 
みすみゆきこ
今年は5年ぶりに仕事抜きで1生徒として渡米しました。
シカゴタップフェスティバルの第1週目のみの参加でしたが、生徒に徹せるというのは、本当に幸せな気分で、昔に返った気 持ちで穏やかなでもありポジティブな気持ちになれました。やはり教えやショーがあると、体調管理に気を使って思う存分受講できなかったり、講師として参加していると最後列で受けな いとならなかったりするので、集中して学べなのです。 そして、特に今年はシカゴフェス20周年ということもあり、スカラ発足のきっかけとなり大変お世話になってるレーン・ア レキサンダー氏にも「おめでとう!」を言えてよかったです。
成田で奨学生2人と合流し、たまたま同じ飛行機になったCOCORO さんとも出発ゲートで合流。
シカゴ空港ではNYから来たくりまきこさんとも合流し、5人 でダウンタウンに向かいました。
翌日からは1クラス2時間のレジデンシー(同じメンバーで5日 間レッスン)。 奨学生の2人は4つのクラス全てをとってがんばっていました 。
懐かしい仲間との再会、そしてダイアンとの再会。 夜はダイアンと観光したり、食事したりとても楽しい日々をす ごせました。
私は1週目だけで帰国しなければならなかったのですが、皆は2週目も残り、充実した日々を送ったようです。
マスターがいなくなったフェスは、少し感じが違いますが、それでもその精神は受け継がれてると思いました。
LAタップフェスティバルの時期は、私はちょうど香港の仕事だ ったので、今年も同行できませんでした。その上、今年はレナちゃん1人だったので、とても心配でした。とりあえず空港へ の行き帰りの送迎だけでも確保し、後は色々な人に彼女をお願 いをしました。レナちゃんの勇気は、タップを学びたいという 情熱以外も何者でもありません。素晴らしいと思いました。
若い人たちが色々なことを感じてくれるといいな~っていつも 思います。 そして日本に良いものだけを持ち帰って貢献してほしいと思い ます。
1
 

2009年

2009年
フォーム
 
LA TAP FESTIVAL 奨学生の感想(2)
今回のLA TAP FESTIVALでは奨学生として毎日5クラスのレッス ンを受けさせていただきました。
その他にも、JAM SESSIONやSTUDENT SHOWCASE、HISTORYを学ぶ クラスにも参加しました。
私と同年代の素晴らしいタップダンサーがたくさんいて、かな りの刺激を受けました。
覚えるのも早いし、足もよく動く人ばかり。 私も負けてられない!と思って必死に練習しました。
誰も自分のことを知らない環境だったからこそ、がむしゃらに なって頑張れた気がします。
自分がタップを始めたばかりの頃の気持ちを思い出しました。
HISTORYのクラスでは尊敬するDianne WalkerやHarold Cromer から直接タップの歴史を聞くことが出来ました。
普段見ることのできないような映像も見ることができて感激! ! STUDENT SHOWCASEではみんなでスリラーを踊りました。
一緒に練習している時間は本当に楽しかったです。
本番はみんな衣装もメイクもゾンビみたいで、かなりの迫力で した。笑 クラスのみんなとあのステージに立てたことは一生忘れられな い良い思い出です。
英語は喋れなかったけど、みんなが本当に暖かく迎えてくれた ので、最高に楽しい1週間を過ごすことができました。
今回のLAでの経験を活かし、今まで以上に頑張っていきたいと 思います。
この素晴らしい機会を与えてくださったみすみ先生、BASEMENT 藤井さん、サポーターの皆様、心から感謝しています。 本当にありがとうございました。
4
 

2008年 TRADITION IN TAP (NY) 

2008年 TRADITION IN TAP (NY) 
フォーム
 
奨学生の感想(1)
今回、奨学生として参加させていただいた『tradition in tap』とは… 過去に活躍されたタップダンサーの方を(今回はDanny Daniels氏)トリビュートし、セレモニーやワークショップ、ショーケース、ビデオプログラムなど、盛り沢山の内容で行われる3日間のこと。今年で八年目だそうで、日本人の枠を用意してくださったのは今回が初めてのことでした。
提案してくださったのは我らがみすみ先生。そしてそれを心よく受け入れてくださったのは主催者のMiller&Benです。そのMillerとBenはもちろん、他の講師の方々も、現地のタップダンサーも皆あたたかく迎えてくれて本当にありがたいことばかりでした。
英語がとにかく苦手なもんで、感謝の気持ちをうまく伝えられないのがもどかしかったけど、こりゃ頑張ってタップで返していくしかない!と思い気合いをいれて踊りました。
今まで私はリズムタップしかやったことがなかったので、慣れないブロードウェイスタイルのレッスンにはアワアワ。格好よく踊りこなす周りの生徒さんたち。覚えるのも早いし、ものすごいタフだし、、とにかくよく足が動く! 先生も皆それぞれ個性的で、どうしたらこんな振付が思い浮かぶの??と軽くカルチャーショック?を受けるようなクラスもあったり。笑とにかくかなり刺激を受けました。
ショーケースでは、初めてソロで踊りました。もっと緊張するかと思ったのですが、皆のあたたかい目線と拍手…会場がすごくいい空気でそのおかげか楽しんでパフォーマンスをする事が出来ました。
毎日毎日本当にタップ漬けでなんて幸せなことだっただろう。。夢のような一週間でした。やっぱりタップは楽しい!そして、継承していくことの重要さ素晴らしさを体感させられました。
言葉にするのは難しいこの感じ… 次なる奨学生にも早く味わってもらいたいなぁ~ 既にそんな気持ちでいっぱいです。ぜひ共感してもらいたいです。
何より、この経験を糧に私自身も成長していけるように、さらに努力したいと思います!!
みすみ先生、BASEMENT藤井様、サポーターの皆様、この素晴らしい環境を与えてくださった皆様に心より感謝。本当にありがとうございました。
2
 

2008年 CHICAGO TAP FESTIVAL 奨学生の写真・感想等 

2008年 CHICAGO TAP FESTIVAL 奨学生の写真・感想等 
フォーム
 
みすみ゛Smilie゛ゆきこ
2008シカゴタップフェスティバル。今年もゲスト講師・パフォーマーとして呼んで頂きました。
今年は東京での舞台リハがあり、1日の遅れのシカゴ入り。到着したその日に、新しいイベントであるオープニングショーに出演。時差ボケと疲れで死にそうでした。しかも8000名キャパの巨大シアター。きれいな場所でしたが、自分の音もバンドの音もよく聞こえず大変でした。そんな中でも久し振りにTAP界に戻ったテッド・レビーと共演できたのがうれしかったです。
講師陣のショーは例年と同じく最後の3日間にあり、私は金曜日でした。デリック、ジェイソン、バーバラ、ダイアン、レーンと共演しました。
今年はマスターが誰もいなかったので、さみしかったです。舞台でも「去年はジミーがいたのに・・・」みたいな空気感があり、皆おだやかな曲を踊ってました。皆一人一人がジミーへのレクイエムを踊っていたようです。
2回目となります日本からの奨学生は、鈴木心理、米沢一輝、長友沙織、大塚レオナの4名を送りました。今年は皆大人しかったので心配したのですが、楽しんでいたようでホッとしました。 今年は場所も変わり、初めてのイベントとして生徒のショーケースとパネルディスカッションもありました。
他例年やっているカッティングコンテスト(インプロコンテスト)とタップスラム(振付のコンテスト)があり、生徒さんは皆それぞれのイベントに出演しました。
カッティングでは今年も日本人が優勝。レオナです。ローカルのラジオにもインタビュー出演しました。 日本人はやはりすごいと思い、鼻が高かったです。
詳しくはSmilieブログ、左側のブログアーカイブ古き記事から、7/28~8/3をご覧下さい。 blog.myspace.com/smilieyukiko
1
 

2007年 奨学生の写真・感想等

2007年 奨学生の写真・感想等
フォーム
 
みすみ゛Smilie゛ゆきこ
2007-08-16
今年もシカゴタップフェスティバルにゲスト講師、ソロパフォーマーとして招いて頂き、7/28-8/7渡米しました。
そして今年は私と主催者レーン・アレキサンダーとで選抜した4名の日本人奨学生、ポリ・金子真弓(ヒグチスタジオ)・ナナ(冨田スタジオ)・米澤一平と、レーン来日時に私をサポートした働きに対し特別にARTNより未佳と森田洋介を優待生として参加させてもらいました。
皆が素晴らしかったので、来年も奨学生を送れる事になりました。
そして他にも日本から生徒さん数名が自主参加しました。
講師陣はDr.ジミー・スライド、ダイアン・ウォーカー、ハロルド・クローマー、デリック・グラント、ジェイソン・サムエルズ・スミス、ドーメシア・サンバリー・エドワード、ロクサン・バタフライ、サム・ウェバー、バッカーリ・ウィルダー等、すごいメンバーでした。こんな中で教えたり、舞台に立つ事ができるのはとても光栄ですが、すごいプレッシャーで、緊張と興奮の連続でした。
 

奨学生の写真・感想等

奨学生の写真・感想等
     
<<ARTN TAPDANCE STUDIO>> 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-51-9 ルネッサンス代々木98 1F
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
info@artntap.com TEL:03-6424-5566 FAX:03-6424-5566