qrcode.png
http://artntap.com/
モバイルサイトにアクセス!
ARTN TAP DANCE STUDIO
東京都渋谷区代々木1-51-9
ルネッサンス代々木98 1F
TEL03-6424-5566
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
110611
 

奨学生の写真・感想等(~2010年)

 

2010年

2010年
フォーム
 
奨学生の感想(2)
みなさん、こんにちは!つたない文章ですがレポートを書かせ ていただきます!!
最初の一週間は朝の10時から夜の9時まで、ほぼ缶づめ状態 。2週目も朝から晩までレッスンで夜はショーと盛り沢山。街並みも芸術性に富んでおり最高のロケーションでタップができ る素晴らしい環境でした。
本当に刺激的な毎日で、まず自分は海外のタップのレベルや質 の違いに、驚きました。日本ではやったことのないようなステ ップや技が多く、自分はすぐに躓いてしまいますが、むこうの 子供たちや多くの人は皆こなしていきます。多分レッスンの質 の違いや、身体の違いもあると思いますが、キャッチするスピ ードの違いを感じました。
このフェスティバルをきっかけに世界の水準を知れた事が自分 にとって良い経験になりました。世界のレベルがどういう方向 に向かっているのか、どんな若手がいるのか、そして自分はど の状態にあるのか…。タップの技術はもちろん、しっかりダン スする事や、エンターテイメント性、音楽性、想像力、また何 より大切な精神性など、磨いていかなければならない色んな課 題が見えてきました。いったい何処まで近づいていく事ができ るのか、日本に帰ってきて何ができるのか、ここからが勝負で す。
そして、感じた事で忘れてはいけないのは先人に対するリスペ クトです。言葉では表わすことができない事を学べました。本 場だから当たり前かもしれませんがしっかりとした授賞式もあ るのです。中でもダイアン・ウォーカーさんの受賞式は感動的 でした。話してる内容が理解できない事が本当に悔しかったで す。あちらではタップとゆう文化がしっかりと根付いており、 リスペクトを大切にしているのをしっかりと感じられました。
こうして、約二週間のシカゴタップフェスティバルは終わりま した。この二週間は自分の人生の中で大きな、大きな、かけがいのない財産になったと思います。日本のスカラシップステュ ーデントとしてシカゴに行かせて頂いた事を大切にします。 多くの援助とアドバイスしてくださった、みすみ先生、ベース メント、サポーターの皆さまには感謝の気持ちで一杯です。また、この二週間を共にしたショータ君、こころさんに、まきこさん、先生方、その他もろもろ関わった皆さまには大変お世話 になりました。この気持ちを忘れず、前に進んでいきます。本当にありがとうございました。
3
 

2009年

2009年
フォーム
 
シカゴ 奨学生の感想(1)
今回、シカゴタップフェスティバルに奨学生として参加させて 頂き、多くの貴重な事を学んできました。
レッスンの内容はと ても刺激的で、どのクラスもレッスンの進め方や振り付けが個 性的でした。マスターについて話をしたり、レアな映像を見た り筋トレを入れ込んだりなど、様々な視点からタップをやる上 で必要な事をそれぞれレッスンに取り入れていて、勉強になる ことばかりでした。
レッスン初日と最終日を除く6日間は、毎日休憩なしで長時間 踊りっぱなしと、体力的には勿論、頭のフル回転状態を長時間 保つ事に必死でした。とにかくレッスンの進むスピードが早い ので振りを覚えるだけで精一杯でしたし、振りが分かっても足 が間に合わなかったり体力が続かなかったりする事もあり、悔 しい思いもしました。今後の課題です。
講師の方々の音はとにかくクリアで、間近で沢山聞く事が出来 ただけでも貴重な体験でした。踊り方、体の使い方なども、そ れぞれスタイルは違っても見ていて勉強になることばかりでし た。また、世界中で活躍されている方達なのに、どの講師の方 もとても気さくに接してくれて改めて尊敬しました。街中で偶 然、講師の方と会った事が何回かあったのですが、まだコース が始まる前にも関わらず、覚えていてくれて声をかけてくれた ことがあり、その時は感動しました。
ショーもとても豪華な内 容で素晴らしかったです。舞台と客席の距離が近く、間近で見 る事が出来てかなり贅沢でした。内容は物凄いのですが全体的 にアットホームで温かい雰囲気でした。
シカゴで学んだ事・感じた事をこれから日本でしっかり消化 して、自分が出来る小さな事から少しずつ形にしていこうと思 っています。出発の直前まで細やかな手配をして下さったみす み先生、BASEMENTさん、シカゴタップフェスの講師・スタッフ の方々、スポンサーの皆様、アドバイスをくれたサポーターの 皆様、現地で助けてくれた日本人タップダンサー達、その他協 力して下さった全ての方に感謝申し上げます。ありがとうござ いました。
1
 

2008年 TRADITION IN TAP (NY) 

2008年 TRADITION IN TAP (NY) 
フォーム
 
みすみ゛Smilie゛ゆきこ
今回初めてTradition In Tap (どなたか1人をタップマスターをトリビュートし、その方にゆかりの先生達がワークショップをするNYのイベント)に奨学生を送れました。
全面協力して下さったBASEMENT様、そしてサポーターの皆さん、ありがとうございました!!
 
今回はダニー・ダニエルズ氏のトリビュート。Broadway Musical[TAP DANCE KIDS]の振付でトニー賞を受賞した他、多くの功績を残され、最近ではジェイソン・サムエルズ・スミスを起用したショートムービー[TAP HEAT]の振付で話題になったマスターです。
1日目の夜のショーケースでは、2月に東京でのオーディションで選ばれた奨学生の2名(越替由美、斉藤望)もそれぞれソロを披露ました。ワークショップではTap Dance Kidsの振付や、ハットルーティンや、慣れないブロードウェイスタイルのアームスで苦労しましたが、新たなタップの世界を体験しました。 2日目にはNYのNATIONAL TAPDANCE DAYの舞台を見ました。
今回はジミーが亡くなってすぐだったので、彼のトリビュートがメインでした。
3日間のワークショップの他、それぞれSTEPSやBDCに好きな先生を受けにいったり、TAP JAMに行ったり、充実した日々を過ごせたと思います。
私はカペチオダンス賞のレセプションに参加したり、カペチオンのミーティングに同行したり、またジミーの告別式に参列する為にボストンまで行ってきました。(詳細はSmilieブログにてご覧下さい)
1
 

2008年 CHICAGO TAP FESTIVAL 奨学生の写真・感想等 

2008年 CHICAGO TAP FESTIVAL 奨学生の写真・感想等 
フォーム
 
みすみ゛Smilie゛ゆきこ
2008シカゴタップフェスティバル。今年もゲスト講師・パフォーマーとして呼んで頂きました。
今年は東京での舞台リハがあり、1日の遅れのシカゴ入り。到着したその日に、新しいイベントであるオープニングショーに出演。時差ボケと疲れで死にそうでした。しかも8000名キャパの巨大シアター。きれいな場所でしたが、自分の音もバンドの音もよく聞こえず大変でした。そんな中でも久し振りにTAP界に戻ったテッド・レビーと共演できたのがうれしかったです。
講師陣のショーは例年と同じく最後の3日間にあり、私は金曜日でした。デリック、ジェイソン、バーバラ、ダイアン、レーンと共演しました。
今年はマスターが誰もいなかったので、さみしかったです。舞台でも「去年はジミーがいたのに・・・」みたいな空気感があり、皆おだやかな曲を踊ってました。皆一人一人がジミーへのレクイエムを踊っていたようです。
2回目となります日本からの奨学生は、鈴木心理、米沢一輝、長友沙織、大塚レオナの4名を送りました。今年は皆大人しかったので心配したのですが、楽しんでいたようでホッとしました。 今年は場所も変わり、初めてのイベントとして生徒のショーケースとパネルディスカッションもありました。
他例年やっているカッティングコンテスト(インプロコンテスト)とタップスラム(振付のコンテスト)があり、生徒さんは皆それぞれのイベントに出演しました。
カッティングでは今年も日本人が優勝。レオナです。ローカルのラジオにもインタビュー出演しました。 日本人はやはりすごいと思い、鼻が高かったです。
詳しくはSmilieブログ、左側のブログアーカイブ古き記事から、7/28~8/3をご覧下さい。 blog.myspace.com/smilieyukiko
1
 

2007年 奨学生の写真・感想等

2007年 奨学生の写真・感想等
フォーム
 
奨学生の感想(3)
2007-08-16
今回シカゴに行って、マスタールーティーンや講師独自のステップなど様々学ぶことが出来ました。
ステップや音色もさることながら、ムーブメントもとても大切にしていて、とても勉強になりました。
どの講師の方々も音が綺麗で、生で聴けただけでも貴重な体験な気がします。
またスタイルは違ってもみな、楽しんでやりなさい。と言うこと、リスペクトをレッスン内外問わず様々なところで感じ、リスペクトすることが普通に浸透しているのだな。と思いました。
また、講師の方々とレッスン時間外でも話す機会があり、いろいろお話しも聞け貴重な時間を過ごすことができました。
今回奨学生として行かせてもらい、レーンをはじめシカゴのスタッフの方々には多大なるサポートを頂き感謝の気持ちでいっぱいです。
また奨学生として行かせてくれたみすみ先生にも感謝です。
最後に、休憩の合間にやっていた国境を超えたインプロや、英語が話せず上手く会話が出来ないのに、クラスでのステップを聞きたいため、教えたいため、話せない英語が口から出るTAPの力って凄いって思いました。
 

奨学生の写真・感想等

奨学生の写真・感想等
     
<<ARTN TAPDANCE STUDIO>> 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-51-9 ルネッサンス代々木98 1F
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
info@artntap.com TEL:03-6424-5566 FAX:03-6424-5566