qrcode.png
http://artntap.com/
モバイルサイトにアクセス!
ARTN TAP DANCE STUDIO
東京都渋谷区代々木1-51-9
ルネッサンス代々木98 1F
TEL03-6424-5566
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
114333
 

奨学生の写真・感想等(~2010年)

 

2010年

2010年
フォーム
 
LA 奨学生の感想(3)
私は今回2010年奨学生としてロサンゼルスへ学びに行った。
ロサンゼルスのスタジオの雰囲気はとてもアットホームで、本当に大きなファミリーの様だった。私は一人で行かなくてはいけなかったから、英語も喋れないし何もわからずに半泣き状態の自分を温かく仲間に迎えてくれた仲間や先生方にとても助けられた。
向こうへ行って一番感じた事は表現力がとても豊か だということだ。
Chloe Arnoldのクラスを受けた時、「踊って」とい うリクエストに全員が思うままに踊りだしたのには驚 いた。振りを貰った時も上半身や個人の表現をしっか りして踊っていて、私がタップダンスをする時に体全 体で魅せる事をしていない事に気付かされた。
皆のびのびとしていて、小さな子でも誰もが新しい 事にどんどんチャレンジしていく姿勢がとても気持ち よかった。
また今回のフェスティバルにいらっしゃり、ヒストリーのクラスでタップマスターの方々は長年伝えられてきた大切な事を今度は私達に沢山伝えてくれた。 色々な話をしていた中で彼らが揃って言った事は、ただ踏むだけではなくリズムやグル―ブを大事にするという事。Ivery Wheelerと話していた時に「タップダンサーは自分が音楽なんだ、自分が音楽になるんだよ」とお話ししてくれた事が深く印象に残っている。
そしてそれはステージに立つタップマスター達を見た事で実感した。 立っているだけでエンターテイナーになってしまい、技をこなさなくても最後まで飽きないステージにする彼らを生で見ることができた事に本当に感動した。
フェスティバルの最終日も終わり、先生や仲良くなった人達にお礼を言いに行く時には一人涙が止まらなかった。
沢山新しい経験をして感動を貰い、沢山悔しい思いもして、このLAでの滞在期間中にひとまわりもふたまわりも成長する事ができたと思う。それに今回の経験で新しい視野が出来た事によって逆に日本のタップダンスの良い所も見つける事ができた。
私の目標はスカラシップオーディションに受かりコンテストで優勝してくることだったのだが、残念ながら自分の力量不足で準決勝までしかいけなかった。
だから来年は自分で資金を貯めて、必ず優勝して帰ってくるという次の目標が出来た。
本当にこの機会に海外のタップシーンを見に行けて良かったと心から思っている。
チャンスを与えてくれたみすみさんやサポーターの方々、支えて下さった方にとても感謝しています。
この経験をバネにしてこれから更に 頑張ります!ありがとうございました。
4
 

2009年

2009年
フォーム
 
シカゴ 奨学生の感想(1)
今回、シカゴタップフェスティバルに奨学生として参加させて 頂き、多くの貴重な事を学んできました。
レッスンの内容はと ても刺激的で、どのクラスもレッスンの進め方や振り付けが個 性的でした。マスターについて話をしたり、レアな映像を見た り筋トレを入れ込んだりなど、様々な視点からタップをやる上 で必要な事をそれぞれレッスンに取り入れていて、勉強になる ことばかりでした。
レッスン初日と最終日を除く6日間は、毎日休憩なしで長時間 踊りっぱなしと、体力的には勿論、頭のフル回転状態を長時間 保つ事に必死でした。とにかくレッスンの進むスピードが早い ので振りを覚えるだけで精一杯でしたし、振りが分かっても足 が間に合わなかったり体力が続かなかったりする事もあり、悔 しい思いもしました。今後の課題です。
講師の方々の音はとにかくクリアで、間近で沢山聞く事が出来 ただけでも貴重な体験でした。踊り方、体の使い方なども、そ れぞれスタイルは違っても見ていて勉強になることばかりでし た。また、世界中で活躍されている方達なのに、どの講師の方 もとても気さくに接してくれて改めて尊敬しました。街中で偶 然、講師の方と会った事が何回かあったのですが、まだコース が始まる前にも関わらず、覚えていてくれて声をかけてくれた ことがあり、その時は感動しました。
ショーもとても豪華な内 容で素晴らしかったです。舞台と客席の距離が近く、間近で見 る事が出来てかなり贅沢でした。内容は物凄いのですが全体的 にアットホームで温かい雰囲気でした。
シカゴで学んだ事・感じた事をこれから日本でしっかり消化 して、自分が出来る小さな事から少しずつ形にしていこうと思 っています。出発の直前まで細やかな手配をして下さったみす み先生、BASEMENTさん、シカゴタップフェスの講師・スタッフ の方々、スポンサーの皆様、アドバイスをくれたサポーターの 皆様、現地で助けてくれた日本人タップダンサー達、その他協 力して下さった全ての方に感謝申し上げます。ありがとうござ いました。
1
 

2008年 TRADITION IN TAP (NY) 

2008年 TRADITION IN TAP (NY) 
フォーム
 
みすみ゛Smilie゛ゆきこ
今回初めてTradition In Tap (どなたか1人をタップマスターをトリビュートし、その方にゆかりの先生達がワークショップをするNYのイベント)に奨学生を送れました。
全面協力して下さったBASEMENT様、そしてサポーターの皆さん、ありがとうございました!!
 
今回はダニー・ダニエルズ氏のトリビュート。Broadway Musical[TAP DANCE KIDS]の振付でトニー賞を受賞した他、多くの功績を残され、最近ではジェイソン・サムエルズ・スミスを起用したショートムービー[TAP HEAT]の振付で話題になったマスターです。
1日目の夜のショーケースでは、2月に東京でのオーディションで選ばれた奨学生の2名(越替由美、斉藤望)もそれぞれソロを披露ました。ワークショップではTap Dance Kidsの振付や、ハットルーティンや、慣れないブロードウェイスタイルのアームスで苦労しましたが、新たなタップの世界を体験しました。 2日目にはNYのNATIONAL TAPDANCE DAYの舞台を見ました。
今回はジミーが亡くなってすぐだったので、彼のトリビュートがメインでした。
3日間のワークショップの他、それぞれSTEPSやBDCに好きな先生を受けにいったり、TAP JAMに行ったり、充実した日々を過ごせたと思います。
私はカペチオダンス賞のレセプションに参加したり、カペチオンのミーティングに同行したり、またジミーの告別式に参列する為にボストンまで行ってきました。(詳細はSmilieブログにてご覧下さい)
1
 

2008年 CHICAGO TAP FESTIVAL 奨学生の写真・感想等 

2008年 CHICAGO TAP FESTIVAL 奨学生の写真・感想等 
フォーム
 
みすみ゛Smilie゛ゆきこ
2008シカゴタップフェスティバル。今年もゲスト講師・パフォーマーとして呼んで頂きました。
今年は東京での舞台リハがあり、1日の遅れのシカゴ入り。到着したその日に、新しいイベントであるオープニングショーに出演。時差ボケと疲れで死にそうでした。しかも8000名キャパの巨大シアター。きれいな場所でしたが、自分の音もバンドの音もよく聞こえず大変でした。そんな中でも久し振りにTAP界に戻ったテッド・レビーと共演できたのがうれしかったです。
講師陣のショーは例年と同じく最後の3日間にあり、私は金曜日でした。デリック、ジェイソン、バーバラ、ダイアン、レーンと共演しました。
今年はマスターが誰もいなかったので、さみしかったです。舞台でも「去年はジミーがいたのに・・・」みたいな空気感があり、皆おだやかな曲を踊ってました。皆一人一人がジミーへのレクイエムを踊っていたようです。
2回目となります日本からの奨学生は、鈴木心理、米沢一輝、長友沙織、大塚レオナの4名を送りました。今年は皆大人しかったので心配したのですが、楽しんでいたようでホッとしました。 今年は場所も変わり、初めてのイベントとして生徒のショーケースとパネルディスカッションもありました。
他例年やっているカッティングコンテスト(インプロコンテスト)とタップスラム(振付のコンテスト)があり、生徒さんは皆それぞれのイベントに出演しました。
カッティングでは今年も日本人が優勝。レオナです。ローカルのラジオにもインタビュー出演しました。 日本人はやはりすごいと思い、鼻が高かったです。
詳しくはSmilieブログ、左側のブログアーカイブ古き記事から、7/28~8/3をご覧下さい。 blog.myspace.com/smilieyukiko
1
 

2007年 奨学生の写真・感想等

2007年 奨学生の写真・感想等
フォーム
 
みすみ゛Smilie゛ゆきこ
2007-08-16
今年もシカゴタップフェスティバルにゲスト講師、ソロパフォーマーとして招いて頂き、7/28-8/7渡米しました。
そして今年は私と主催者レーン・アレキサンダーとで選抜した4名の日本人奨学生、ポリ・金子真弓(ヒグチスタジオ)・ナナ(冨田スタジオ)・米澤一平と、レーン来日時に私をサポートした働きに対し特別にARTNより未佳と森田洋介を優待生として参加させてもらいました。
皆が素晴らしかったので、来年も奨学生を送れる事になりました。
そして他にも日本から生徒さん数名が自主参加しました。
講師陣はDr.ジミー・スライド、ダイアン・ウォーカー、ハロルド・クローマー、デリック・グラント、ジェイソン・サムエルズ・スミス、ドーメシア・サンバリー・エドワード、ロクサン・バタフライ、サム・ウェバー、バッカーリ・ウィルダー等、すごいメンバーでした。こんな中で教えたり、舞台に立つ事ができるのはとても光栄ですが、すごいプレッシャーで、緊張と興奮の連続でした。
 

奨学生の写真・感想等

奨学生の写真・感想等
     
<<ARTN TAPDANCE STUDIO>> 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-51-9 ルネッサンス代々木98 1F
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
info@artntap.com TEL:03-6424-5566