qrcode.png
https://artntap.com/
モバイルサイトにアクセス!
ARTN TAP DANCE STUDIO
東京都渋谷区代々木1-51-9
ルネッサンス代々木98 1F
TEL03-6424-5566
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
115419
 

奨学生の感想・写真(2011年~14年)

 

2014年

2014年
フォーム
 
みすみ "Smilie" ゆきこ
2015-10-04
「JTSP2014 はNY TAPCITY 2名、シカゴタップフェスティバルに2名奨学生を送りました。
私はシカゴに同行。未成年がいきましたので、保護者としてガイド、通訳、食事のお世話などなど、今までとは違う頑張りでした(笑)。
去年のJTSPみうちゃんも自主参加し、女の子3人と1週間ずっと同じ部屋で一緒に過ごし、色々な話を出来たのも楽しかったです。
今年から奨学生が点呼の仕事を手伝うなど、お手伝いすることになりました。
これはとても良い経験だと思います。
 
またNext Stepという最強のレベルのクラスは、事前にビデオ審査がありました。JTSPメンバーは皆受かったので、このクラスを朝から晩まで受けていました。そうとう疲れたようですが、なかなか受けられないレベルなので良い経験が出来たと思います。
お友達もたくさん出来たようですし、偶然目の前の部屋にダイアンが滞在していたので、お話する時間を持てたので、貴重な経験だったと思います。
私個人は、今年初めての試みの「ティーチャーズセミナー」を受けました。様々なところから集まった、講師歴20-30年のベテランインストラクター達と、色々意見交換が出来てとても勉強になりました。
タップマスター達がいなくなってしまったフェスは、以前とは全く感じが違いますが、そ れでもサム・ウェバー、ダイアン・ウォーカー、デリック・グラント、レーン・アレキサンダーなど、ベテラン勢は流石でした。
若手はかなりフラッシュな方向に動いていっているように思いました。パフォーマンスも、音楽というよりメッセージ性が強いのが多かったです。
 
タップは生きものですね。
 
シカゴは以前から、色々な世代、様々なスタイル、老若男女問わず、幅広く人が集うフェスでしたので、そうあり続けて欲しいと思います。 来年は25周年で、大きなイベントになるようです。
 
NYは最近は、生徒さんのショー参加などの企画が多く、色々な体験が出来ます。
そして街自体が色々なことが出来る街 なので、ミュージカルを見たりできて楽しめますね。
今年は橋本祥さんが、同時期にちょうどNYに行きましたので、色々お手伝いしてくれました。
集めたメーベル・リーさんへのお見舞い金も直接渡していただけました。 ありがとうございました。
 
そしてサポーター、スポンサーの皆様、今年度もご理解・ご協力 ありがとうございました。
感謝をこめてのJTSPによる無料のワークショップ「Thanks Workshop」は12月に予定しております。
 

2013年

2013年
フォーム
 
2013年 JTSPご挨拶 / JTSP代表 みすみ"Smilie"ゆきこ
2015-10-04
JTSP2013はNY Tap Cityに2名、シカゴTap Festival に2名送り出しました。
NYは大人、シカゴは子供・大人関係なくオーディションで選ばれた4名が渡米しました。
私はシカゴに同行しました。
昨年も子供を連れて行き、ユースの特別プログラムに入れましたが、今年は大人の一番難しいレベルのクラスに突っ込みました。1日5レッスン、プレプロフェッショナルなハイレベルのクラスですが、同世代のアメリカの子供たちがガンガンついてくるのを目にして、良い刺激になったと思います。
JTSP生の評価も毎年とても高いので、日本自体も評価されていますが、近年アメリカは子供たちの底上げが本当にすごいです。
そのせいか今年は講師も若い人が増えました。
そんな中で 中堅やベテランの方々のDeepなクラスも魅力的です。
今年はJTSPメンバーの酒井ショータ君が参加していたので、よく後輩の面倒をみてくれて助かりました。
思いの他、自分の時間が持てたので、私のメンターであるダイアン・ウォーカー女史と過ごす時間が沢山とれて、私自身もリフレッシュできました。
毎年 生徒たちを支えて下さるサポーターの皆様、ご理解下さるJTSP生の各先生方、奨学金を提供して下さるフェスティバル主催者とBASEMENTさんに心より感謝を申し上げます。
NY・シカゴの他、今年はスカラシップ枠を提供したLA Tap Festival に1名、そして東京International Tap Festivalと台北Tap Festival の交換留学制度で1名、希望者が参加しております。
 
JTSP 代表 みすみ"Smilie"ゆきこ
 

2012年

2012年
フォーム
 
シカゴタップフェスティバルに参加して
2012-10-04
初めて参加させていただきました。
見るもの、聞くもの、すべてが新鮮でその場にいる自分が、本当に贅沢な時間に感じ、またみすみ先生を始め、バックアップしてくれた多くの方に感謝 感謝の10日間でした。
シカゴタップフェスティバルに参加させていただいた感想を下記のようにまとめてみました。
 
①タップの世界観が変わりました。。・・・・・・・・タップダンスという世界を、日本という枠を超えて考えれるようになりました。敷居の高いワールドが、身近に感じられるようになりました。世界で同じ価値観を持っている、そしてタップに命をかけている方々に直接出会え、勇気をもらうとともに、このすばらしい人たちと共有できる空間は、私にとって一番の宝物になり、感謝仕切れませんでした。このありがたい思いを、これから、日本のタップ業界の未来のために役立たせていただきます。
 
②日本人としてのタップ・・・・・・・・・・・・・・・・今回、SUJI先生、みすみ先生率いるARTNのカンパニーの皆さんのステージを海外の枠で拝見させていただきました。タップは、アメリカのもの。日本舞踊を、外人が日本で踊るようなものです。それはそれは、大変なこと。ダンスは、やはり「表現」の一つ  同じ振り付けを踊ったとしても、みんな違うのは当たり前です。でも、その振り付けた人の魂は、その振り付けの中に生きていると思います。ARTN皆さんは、みすみ先生の魂を通してマスターの魂を、SUJI先生も日本で培われた熱い思いの魂で踊られました。そして,その根底にあるのは、お二人とも日本人としてのDNAが、あのすばらしいステージを作り上げたのだと思いました。
タップは、アメリカのもの  でもそこに日本人の心「わび さび」を感じたのは、私だけでしょうか・・・静けさ、優しさの中に、根底に広がる力強さ    I proud of them タップは、アメリカのもの。でも魂は日本人として踊ることの大事さをかんじました。
 
③過去現在そして・・・未来へ・・・・・・・・・・★今回YOUTHというすばらしいカリキュラムの中にMIKKU、そうま、たくとが参加させていただきました。生まれて初めての一人の海外、そして言葉の通じない世界でのタップ訓練。 はじめは、さぞかし不安だったことでしょう。しかしさすが選ばれただけありますね。みんな、同じ方向性を持っいてる子供たち。すぐ助け合い、その世界観のある世界に飛び込むことができたようです。
ただ、その環境にしてくれた、一緒に行動してくれた、日本人メンバーがいてくれたからこそ!!皆さん本当に、気を使ってくださいました。感謝しきれません  ありがとうございました。
3人ともテクニックはもちろんですが、私にはもう一つづつ大事なものを得たような感じがします。そうまは、「優しさと素直さ」を  たくとは「冒険心」を  MIKUは「本気 やる気」を!!みんなすばらしいおみやげを持ち帰りましたね
 
★ショーケース ワークショップを受けてまず感じたことはすべてに関してFamilyを感じました。どの先生も昔活躍されたマスターや音楽家をリスペクトし、次の世代に引き継ごうとしていました。若い次世代の子たちも、それに耳を傾けていました。
すばらしいことだと思いました。明日の光を感じました
そして私がこれからやっていかなければいけないこと。時代はどんどん変わります。おぼつかない頭でもいつも勉強していきたい。止まってはいけない。できてもできなくても、その姿勢を後輩に見せていいかなくてはいけない。肌で感じたことは、肌で伝えていかなくてはいけない。明日のタップの光をつなぎたいと思います。
 
杉浦ヒロ
 

2011年

2011年
フォーム
 
奨学生の感想(2)
2011年、夏、スカラシップでシカゴタップフェスティバルに参加させて頂きました。
シカゴの青い空と美しい街の中、最高に恵まれた環境でひたすらタップと向き合う1週間。
悔しさも喜びもぎゅうとつまった宝のような時間でした。
悔しかったこと。
己の英語力の低さで、クラス中の話(タップの歴史とか、音の出し方とかリズムや音楽の話とか、面白い話とか、、)が、 うすぼんやりとしか理解できなかったこと。
全部聞き逃したくなくて全力で集中していても解らないことが多く、学びたい気持ちで行って英語が出来ないなんてもはや罪だ!!と のたうちまわりたい衝動に駆られました。
まあしかし世界には有名無名にかかわらず、たくさんの素晴らしいタップダンサーがいるなあと改めて実感し、それと同時に日本の良さクオリティの高さも感じました。
毎日練習してスキルを磨くのは勿論だけれども、そうやって広い世界をみることで、視野も心も狭くならないようにすること、 自分のしたいことや思考を明確にすること、個性についてとか何故踊るのかとか考えることをやめないことが大切だと思いました。 インプットが多くてあたまがいっぱいですが、これから時間をかけて砕いて吸収して自分なりに表現してゆきます。
技術とセンスと人柄。
磨いてゆきます。 スカラシップで参加できたことは本当に意味のあることでした。 みすみ先生、レーンさん、BASEMENTさん、サポートしてくださった皆様、心から、有難うございました。 この経験を先に繋いでゆけるよう精進します。 本当に有難うございました!!!
3
 

奨学生の写真・感想等

奨学生の写真・感想等
     
<<ARTN TAPDANCE STUDIO>> 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-51-9 ルネッサンス代々木98 1F
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
info@artntap.com TEL:03-6424-5566