qrcode.png
https://artntap.com/
モバイルサイトにアクセス!
ARTN TAP DANCE STUDIO
東京都渋谷区代々木1-51-9
ルネッサンス代々木98 1F
TEL03-6424-5566
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
116362
 

奨学生の感想・写真(2011年~14年)

 

2014年

2014年
フォーム
 
みすみ "Smilie" ゆきこ
2015-10-04
「JTSP2014 はNY TAPCITY 2名、シカゴタップフェスティバルに2名奨学生を送りました。
私はシカゴに同行。未成年がいきましたので、保護者としてガイド、通訳、食事のお世話などなど、今までとは違う頑張りでした(笑)。
去年のJTSPみうちゃんも自主参加し、女の子3人と1週間ずっと同じ部屋で一緒に過ごし、色々な話を出来たのも楽しかったです。
今年から奨学生が点呼の仕事を手伝うなど、お手伝いすることになりました。
これはとても良い経験だと思います。
 
またNext Stepという最強のレベルのクラスは、事前にビデオ審査がありました。JTSPメンバーは皆受かったので、このクラスを朝から晩まで受けていました。そうとう疲れたようですが、なかなか受けられないレベルなので良い経験が出来たと思います。
お友達もたくさん出来たようですし、偶然目の前の部屋にダイアンが滞在していたので、お話する時間を持てたので、貴重な経験だったと思います。
私個人は、今年初めての試みの「ティーチャーズセミナー」を受けました。様々なところから集まった、講師歴20-30年のベテランインストラクター達と、色々意見交換が出来てとても勉強になりました。
タップマスター達がいなくなってしまったフェスは、以前とは全く感じが違いますが、そ れでもサム・ウェバー、ダイアン・ウォーカー、デリック・グラント、レーン・アレキサンダーなど、ベテラン勢は流石でした。
若手はかなりフラッシュな方向に動いていっているように思いました。パフォーマンスも、音楽というよりメッセージ性が強いのが多かったです。
 
タップは生きものですね。
 
シカゴは以前から、色々な世代、様々なスタイル、老若男女問わず、幅広く人が集うフェスでしたので、そうあり続けて欲しいと思います。 来年は25周年で、大きなイベントになるようです。
 
NYは最近は、生徒さんのショー参加などの企画が多く、色々な体験が出来ます。
そして街自体が色々なことが出来る街 なので、ミュージカルを見たりできて楽しめますね。
今年は橋本祥さんが、同時期にちょうどNYに行きましたので、色々お手伝いしてくれました。
集めたメーベル・リーさんへのお見舞い金も直接渡していただけました。 ありがとうございました。
 
そしてサポーター、スポンサーの皆様、今年度もご理解・ご協力 ありがとうございました。
感謝をこめてのJTSPによる無料のワークショップ「Thanks Workshop」は12月に予定しております。
 

2013年

2013年
フォーム
 
LA 松本慎太郎
2013-10-04
2013LA tap festivalに参加して参りました。英語の不安がある中一人での参加だったので気は張りましたが、今回それ以上に言葉では表現出来ない程貴重な経験をすることが出来ました。
LA fesは平日はロス市内のDebbie Allen Dance Academyでのレッスン&historyのレクチャーetc、そして週末はfes主催のコンサートをBarnum Hallで行うという二部構成で行われました。今回僕は平日に5~6レッスン、そして週末のコンサートに2回出演して参りました。
まず、レッスンはどれも刺激的なものばかりでしたが、僕はとりわけC.Cook HolmesのimprovisationとA.Williamsのmusic theoryが面白かったです。improvisationはドラマーとしても有名なC.Cook Holmesのもとリズムの取り方が本当に参考になりました。ハイテンションなレッスンで今回純粋に一番楽しいレッスンでした。またmusic theoryでは実際に楽器を使い譜面を読みながらのレッスンで、tapの音の部分に専門的にアプローチする内容がとても面白かったです。
LAは本当に何もかもが日本とは違い、参加者がとても多国籍で、どのレッスンもスタジオは大盛況で熱気ムンムンでした!!fesとは言え、これ程まで老若男女多くのtapperが集うのを見て、ここはtapの本場なんだと強く感じました。しかもみんな上手い!!また、tapマスター達のhistoryレクチャーが毎日あり、小さな子供を連れた保護者の方も多かったです。tapが教育の一環として根づいてるな~と実感しました。日本でいう道徳の授業?みたいな感じでしょうか。これまでtapを支えてこられた方々への、会場からの強い愛情とリスペクトを感じられた場面でもありました。
LA fesの特長として、とにかくハッピーで明るい人がめちゃくちゃ多い!!fes全体が大きな家族みたいでこちらが心を開けば歓迎してくれる方ばかりでした!!穏やかな気候とディレクターのJ.Samuels Smithの人柄もあってとてもハッピーな時間が流れてました。
今回参加させて頂いて、出来ると思ったのについていけないレッスンがあったり、言葉の問題など、力不足ですごく悔しいと思うことが多かったです。ただ、本当に世界中にtap仲間がたくさん出来ました。実際に生で色々と感じられたことと、人との出会いに恵まれたこと。これが大きな収穫だった様に思います。
最後に、今回サポートしてくださいましたJTSPの皆様、いつもお世話になっておりますBASEMENTさん、先生方、今回fesにゲストパフォーマーとして参加されていた熊谷和徳さんにこの場をお借りしてお礼を申し上げます。
この度はありがとうございました!!
 

2012年

2012年
フォーム
 
2012年 JTSPご挨拶 / JTSP代表 みすみ"Smilie"ゆきこ
2012-10-04
JTSP 6年目の今年は、NY TAPCITYに1名、そしてシカゴタップフェスティバルに3名奨学生を送りました。 (残念ながらLAの希望者はいませんでした)
 
NYには私は同行出来ず、射場君が1人でがんばりました。
沢山良い経験をしてきたようで嬉しく思います。
 
そしてシカゴタップフェスティバルでは、私と浦上雄次(SUJI)が講師&パフォーマーとして招聘されました。念願の日本人後進に繋げることができ、感無量でした。
そしてパフォーマーとしてARTN Company[Legends of Tap]が呼ばれました。
ありがたいことです。
 
そしてJTSPの新たなチャレンジとして、初めて未成年の子供達を連れて行き、ユースプログラムに入れました。
昨年、アメリカでは子供達がすごく育っているのを目の当たりにし、これはうかうかしてられないと思ったので、今年はチャレンジしてみました。
 
ユースプログラムは、上級の子供たちが5日間同じメンバーで決まったプログラムを受けます。
午前は基本クラス、インプロクラスを毎日違う講師から学びます。午後は、様々なジャンルにトライ、そして最後は振付クラス。
今回3人はミッシェル・デュランスの振付クラスに入っていたのですが、彼女は一身上の都合で来られず、代講となってしまいました・・・残念でした。
でも、その作品を最終日のステージで、生徒の皆で踊ることができました。
3年がかりの作品だったそうなので、今年初めて参加の生徒は出番が少なかったのですが、トップレベルの人達の踊りを袖から見られたことや、アメリカのステージ立てたことや、楽屋を共にできた事などは、貴重な経験になった事と思います。
 
最後に、私がすごくハードスケジュールだったので、子供達の面倒を思うように見れず、それを悟ってお手伝に来て下さった杉浦ヒロさん、くみさん、橋本祥さんに心から感謝を申し上げます。
 
今回は、SUJI君もARTNカンパニーもJTSPの生徒さんにとっても、初めての経験で、そんな皆さんをサポートしようと、私自身が今までには無かった かなりの緊張とプレッシャーで過ごしておりました(笑)。 そして、行きからフライトがキャンセルになるという大ハプニングに見舞われましたが、なんとか全員けがも病気もせずに帰国できて、本当にホッとしています。
 
そして、今年は台湾がJTSPに習って、TTSP(台湾タップダンス奨学生制度)を立ち上げてくれました。道を作れたことを嬉しく思います。 今後も奨学生へのサポートをどうぞ宜しくお願いいたします。
 
JTSP代表 みすみ”Smilie”ゆきこ
 

2011年

2011年
フォーム
 
みすみ゛Smilie゛ゆきこ
2011年[シカゴタップフェスティバル]は21回目を迎え、趣向を変えて新たなスタートしました! アメリカンタップだけではなく、世界中の様々なエリアをフューチャーしていこうと言う企画が始まったのです。
もともと「グローバルリズム」というのを大切にしていたプロデューサーのレーン・アレキサンダー氏。
まずは、一番近くなじみのあるカナダのタップダンサーをフューチャー。
マンハッタンタップを主宰し、長年頑張っているヘザー・コーネル女史に賞が贈られました。
近い将来アジアをフューチャーしてくれるそうですので、これからも色々話し合っていきたいと思います。とても楽しみです。
今回感じたことで一番印象に残ったのは、10代の若い子達(特にローティーン)の素晴らしい身体能力です。このままいくと5年後には日本人は全く力が及ばないな~って正直思いました。
すごい底上げのスピードです。 アメリカのパワーを感じました!
1
 

奨学生の写真・感想等

奨学生の写真・感想等
     
<<ARTN TAPDANCE STUDIO>> 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-51-9 ルネッサンス代々木98 1F
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
info@artntap.com TEL:03-6424-5566