qrcode.png
https://artntap.com/
モバイルサイトにアクセス!
ARTN TAP DANCE STUDIO
東京都渋谷区代々木1-51-9
ルネッサンス代々木98 1F
TEL03-6424-5566
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
116212
 

奨学生の感想・写真(2011年~14年)

 

2014年

2014年
フォーム
 
NY 末富 凜太朗
2015-10-04
今回、NYのタップフェスティバル TAP CITY 2014年にJTSP8期生として参加させていただきました。
こんな貴重な機会をいただけて本当に幸せでした。ありがとうございます。
 
この短期間で、色んなタップダンサーの方々に触れ、NYの文化に触れ、視野がとても広がりました。何よりタップダンスがもっともっと好きになりました。
 
TAP CITYは8日間あり、はじめの3日間は色んなマスターのクラスをレベルに合わせて受けられました。
特にBarbara のレッスンは好きでした。歌うようにステップを踏むこと、タイムキープ、流れを止めず次に繋げるようにステップを踏んで、私は個人的にシャッフルの時もっと足を引くように言ってもらえました。他にも なるほど!と学びが沢山ありました。
 
次の4日間を通して、同じマスターの振り付けクラスがあり、そこで練習した成果をNYでの初舞台「TAP FUTURE」で踊りました。
私は、BrendaとDerickを選びました。
Brendaのクラスは、ステップについてのレクチャーはもちろん。手の動きや、ショー中にダンサー同士がぶつかった時でも笑顔で!ショービジネスよ。と改めてプロとしての立ち振る舞いも教わりました。生まれて初めて笑顔でぶつかる練習もしました。
BrendaがBarbaraに教えていたこともあって、お2人から教わることに共通することが沢山あり 先生から生徒へ受け継がれている流れを感じました。 Brendaの作品は、そんなに早いステップはなくシンプルで、大きいリズムの波を感じて 仲間との一体感で魅せるような振り付けでした。
とても好きです。
 
Derickのクラスは、日本でも1度だけ受けたことはありましたが ププンププンプンプン♪で始まるウォーミングアップがクセになります。
 
毎回、レッスンの合間にインプロを中心にしたゲームがあって楽しかったです。そのおかげで生徒同士のコミュニケーションがとれてクラスの雰囲気が良くなったように思います。また、Derickから生徒に意見を求める場面が多々あって 生徒の考えを尊重してるのがわかりました。
 
Derickの作品は、踊った曲がこちらでは有名らしく僕も一回聴いて好きになり 仲間と一緒になってテンション上がっておりました。
振りは、かっこいいけど細かく早いステップが多くて、振り写しの段階では一つでも音を踏み外すと、おいてけぼりをくらっていました。でも練習して曲に全部のステップがハマると、とても気持ち良かったです。
 
本番は、お客さんに幸せが伝わるよう心を込めて踊りました。
この仲間と、レッスンの時から本番まで共に踊り切ることができ、大きな達成感を味わえました。
 
「TAP FUTURE」の最後には、各マスターが自分が振り付けをしたクラスの中から1人生徒を選び表彰する時間があったのですが、なんとBrendaが私をスカラシップに選んでくれたのです。
しかし、その頃にはBrendaは帰ってしまっていて代わりにTonyから表彰状を手渡してもらいました。
驚きました。本当に嬉しかったです。
 
TAP CITY 最後の日は、「Tap It Out」でした。今回のTAP CITYに来ていたほとんどの生徒さんが参加し 、皆で作り上げる野外タップパフォーマンスです。カンカンに照り付ける太陽の下で、暑いねーと言い合いながら3回の本番を踊り切り、最高の思い出を作ることができました。
 
他にも毎晩TAP CITYならではのイベントがあり その中でも、船上で行われたタップジャムセッション「Boat Ride」はとても楽しかったです。良い天気で、途中 自由の女神に見つめられながら、素敵な生演奏に合わせて小さい子供から大人まで即興で踊り合いました。 どんな子でも自分の番が来たら止まることなく、むしろもっと見てーと楽しそうに踊っていました。
Brendaもマイクで歌いながら踊っていました。
私も内心緊張していましたが、NYに来る前からこのセッションには参加しようと思っていたので勇気を出して参加し、パリから来てるというFredericksと2人で8小節ずつ踊り合いました。NYのこんな素敵な場所で、しかも沢山のタップダンサーがいる中で踊れて幸せいっぱいでした。Fredericksとも友達になれて良かったです。
 
また別の日には「Tap&Sogs」というマスター達のショーが見れました。日本の熊谷さんも出演されていて、実は初めて生で見させていただいたのですが、私はショーの中で1番心に響きました。
TonyやLynnのTap&Songsは、お2人の人間性を感じてとても素敵でした。
 
TAP CITY以外の時間もとても充実していました。
日本の藤林真理さんとKEITAROさんも出演する Savion Gloverのショーを見ることができたり Cotton Clubで、JTSPの先輩でもあるyuttyさんやOmar達のタップダンスショーも見れました。
 
はたまた、チラッと寄ったワシントンスクエアパークや地下鉄で、ジャズバンドの演奏が聞けたりして とても身近で芸術や音楽に触れる機会があって素晴らしいなと思いました。
 
祥さんともう1人のスカラシップ生 首藤ちゃんと3人で一緒に飲みながら色んなお話ができた時間はとても良い時間でした。イチジクと生ハムのコラボは美味しかったですね。祥さん、首藤ちゃん、お世話になりました。
 
まだまだ細かく思い出すと、ここに書ききれないくらいです。
 
多くのタップマスター達が生きてきたこの土地を直接自分の足で踏んで、五感で感じることができて本当に嬉しいです。
また学びに行きたいです。
そして、僕以外のタップダンサーを志す人にもぜひ行って欲しいなと思いました。多くを学んで日本に持って帰ってこれるはずです。
これからNYで学んだことを活かして、日本のタップダンス界、また地元関西のタップダンス界を盛り上げていきたいです。
いつでも 心からお客さんに幸せな気持ちになってもらえるタップダンサーを目指して精進して参ります。
 
今回、このような素晴らしい体験をさせていただいた みすみ先生、藤井さんをはじめとするベースメントの皆様、tonyさん、スポンサーの皆様、サポーターの皆様、祥さん、PORIさん、かずさん、SUJIさん、に心から感謝致します。
ありがとうございました。
また、同じスカラシップ生の首藤ちゃん、現地でお世話になった方々、先生方、スタッフの皆様、共に学んだ仲間、家に泊めさせていただき大変お世話になったアンドレパパ&祥子さん、自分の両親、に感謝の気持ちを込めて、本当にありがとうございました。
 

2013年

2013年
フォーム
 
2013年 JTSPご挨拶 / JTSP代表 みすみ"Smilie"ゆきこ
2015-10-04
JTSP2013はNY Tap Cityに2名、シカゴTap Festival に2名送り出しました。
NYは大人、シカゴは子供・大人関係なくオーディションで選ばれた4名が渡米しました。
私はシカゴに同行しました。
昨年も子供を連れて行き、ユースの特別プログラムに入れましたが、今年は大人の一番難しいレベルのクラスに突っ込みました。1日5レッスン、プレプロフェッショナルなハイレベルのクラスですが、同世代のアメリカの子供たちがガンガンついてくるのを目にして、良い刺激になったと思います。
JTSP生の評価も毎年とても高いので、日本自体も評価されていますが、近年アメリカは子供たちの底上げが本当にすごいです。
そのせいか今年は講師も若い人が増えました。
そんな中で 中堅やベテランの方々のDeepなクラスも魅力的です。
今年はJTSPメンバーの酒井ショータ君が参加していたので、よく後輩の面倒をみてくれて助かりました。
思いの他、自分の時間が持てたので、私のメンターであるダイアン・ウォーカー女史と過ごす時間が沢山とれて、私自身もリフレッシュできました。
毎年 生徒たちを支えて下さるサポーターの皆様、ご理解下さるJTSP生の各先生方、奨学金を提供して下さるフェスティバル主催者とBASEMENTさんに心より感謝を申し上げます。
NY・シカゴの他、今年はスカラシップ枠を提供したLA Tap Festival に1名、そして東京International Tap Festivalと台北Tap Festival の交換留学制度で1名、希望者が参加しております。
 
JTSP 代表 みすみ"Smilie"ゆきこ
 

2012年

2012年
フォーム
 
2012年 JTSPご挨拶 / JTSP代表 みすみ"Smilie"ゆきこ
2012-10-04
JTSP 6年目の今年は、NY TAPCITYに1名、そしてシカゴタップフェスティバルに3名奨学生を送りました。 (残念ながらLAの希望者はいませんでした)
 
NYには私は同行出来ず、射場君が1人でがんばりました。
沢山良い経験をしてきたようで嬉しく思います。
 
そしてシカゴタップフェスティバルでは、私と浦上雄次(SUJI)が講師&パフォーマーとして招聘されました。念願の日本人後進に繋げることができ、感無量でした。
そしてパフォーマーとしてARTN Company[Legends of Tap]が呼ばれました。
ありがたいことです。
 
そしてJTSPの新たなチャレンジとして、初めて未成年の子供達を連れて行き、ユースプログラムに入れました。
昨年、アメリカでは子供達がすごく育っているのを目の当たりにし、これはうかうかしてられないと思ったので、今年はチャレンジしてみました。
 
ユースプログラムは、上級の子供たちが5日間同じメンバーで決まったプログラムを受けます。
午前は基本クラス、インプロクラスを毎日違う講師から学びます。午後は、様々なジャンルにトライ、そして最後は振付クラス。
今回3人はミッシェル・デュランスの振付クラスに入っていたのですが、彼女は一身上の都合で来られず、代講となってしまいました・・・残念でした。
でも、その作品を最終日のステージで、生徒の皆で踊ることができました。
3年がかりの作品だったそうなので、今年初めて参加の生徒は出番が少なかったのですが、トップレベルの人達の踊りを袖から見られたことや、アメリカのステージ立てたことや、楽屋を共にできた事などは、貴重な経験になった事と思います。
 
最後に、私がすごくハードスケジュールだったので、子供達の面倒を思うように見れず、それを悟ってお手伝に来て下さった杉浦ヒロさん、くみさん、橋本祥さんに心から感謝を申し上げます。
 
今回は、SUJI君もARTNカンパニーもJTSPの生徒さんにとっても、初めての経験で、そんな皆さんをサポートしようと、私自身が今までには無かった かなりの緊張とプレッシャーで過ごしておりました(笑)。 そして、行きからフライトがキャンセルになるという大ハプニングに見舞われましたが、なんとか全員けがも病気もせずに帰国できて、本当にホッとしています。
 
そして、今年は台湾がJTSPに習って、TTSP(台湾タップダンス奨学生制度)を立ち上げてくれました。道を作れたことを嬉しく思います。 今後も奨学生へのサポートをどうぞ宜しくお願いいたします。
 
JTSP代表 みすみ”Smilie”ゆきこ
 

2011年

2011年
フォーム
 
みすみ゛Smilie゛ゆきこ
2011年[シカゴタップフェスティバル]は21回目を迎え、趣向を変えて新たなスタートしました! アメリカンタップだけではなく、世界中の様々なエリアをフューチャーしていこうと言う企画が始まったのです。
もともと「グローバルリズム」というのを大切にしていたプロデューサーのレーン・アレキサンダー氏。
まずは、一番近くなじみのあるカナダのタップダンサーをフューチャー。
マンハッタンタップを主宰し、長年頑張っているヘザー・コーネル女史に賞が贈られました。
近い将来アジアをフューチャーしてくれるそうですので、これからも色々話し合っていきたいと思います。とても楽しみです。
今回感じたことで一番印象に残ったのは、10代の若い子達(特にローティーン)の素晴らしい身体能力です。このままいくと5年後には日本人は全く力が及ばないな~って正直思いました。
すごい底上げのスピードです。 アメリカのパワーを感じました!
1
 

奨学生の写真・感想等

奨学生の写真・感想等
     
<<ARTN TAPDANCE STUDIO>> 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-51-9 ルネッサンス代々木98 1F
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
info@artntap.com TEL:03-6424-5566