本文へ移動
ARTN Company






みすみ"Smilie"ゆきこ
日本から本場アメリカにゲスト講師・ソロパフォーマーとして招かれるという前人未踏の快挙を成し遂げ国際的に活躍中。
日本で1985年より加藤邦保氏に師事。
JAM TAP DANCE COMPANYのオリジナルキャスト、初代ダンスキャプテンを務めた。
1986年よりNYでDr.ヘンリー・レタン氏に学び、彼の知的遺産継承を託された世界でも数少ない1人。その後、数多くのタップマスターから学び、特にDr.ジミー・スライド氏、ダイアン・ウォーカー女史、ブレンダ・バファリーノ女史から多大な影響を受ける。
国内で舞台、ライブ、TV、CM、CDなどで活躍。 海外ではセントルイス、NY、シカゴ、ハワイ、バルセロナ、ミネソタ、ミシガン、台湾、香港、ブラジルなどにゲスト講師・ソロリストとして招かれる。各地で世界のトップアーティストと共演し、海外との架け橋としても活動中。
ITA日本代表。日本タップ奨学生制度主宰。ARTN TAP DANCE STUDIO、ARTN Company、ARTN Youth Company主宰。BASEMENTアドバイザー。東京インターナショナルタップフェスティバルco-Producer, NATIONAL TAP DAYアドバイザー。






未 佳
2000年に現在の師である、みすみ"smilie"ゆきこ女史の単独ライブ(AfricanRhythmTapSeries)を見たのをきっかけにリズムタップに出会い、同年より師事。
2002年以降「ナショナルタップデイ」「ジミースライド氏来日公演」
ライブハウスnovember-eleventhなど多数出演。
2004年よりARTN TAP DANCE STUDIOでインストラクターを務める。
2005年Benefit Show&Workshop with Dianne Walker に交換留学生として参加。
2007年には、みすみゆきこ、Lane Alexander 両氏のはからいでChicago Tap Festivalに特別奨学生として参加。
2008年ミネアポリスのハートビートスタジオ10周年記念公演に交換留学生として参加。
2010年JACOB'S PILLOW DANCE FESTIVAL 2010 Tap Program にて奨学生として参加。






森田 洋輔
2004年より、みすみゆきこ女史にタップダンスを師事。
タップダンスに出会う前は、自身のバンドでヴォーカル、ピアノ、ギター、etc・・・で表現を模索していたが、ダンスとしてのみならず、「音を奏で語る」表現方法を体現するみすみに深い感銘を受け、タップダンスに傾倒していく。
「東京リズム劇場」、 Dr.Jimmy Slyde来日公演「SWING MAN」、「ナショナルタップデイ」、「東京インターナショナルタップフェスティバル」等の舞台を経験。
その他、ライブイベントにも積極的に参加。
2007年には、みすみゆきこ、Lane Alexander 両氏のはからいでChicago Tap Festivalに特別奨学生として参加。
ARTN TAP DANCE STUDIOにてインストラクターを務めつつ、自身も日々研鑚を重ねる。






長崎 沙耶日
1997年よりジャズダンスをはじめる。翌年にタップダンスをはじめ、高校ではダンス部に入部。
ナショナルタップディ、タップフェスティバルに出演。
2001年にみすみ女史に出会い、リズムタップにはまっていく。
ナショナルタップディ多数出演、Jimmy slyde来日公演「We'll be together」出演、ミネアポリスのハートビートスタジオ10周年記念公演に交換留学生として参加。
NY TAP FESTIVALに参加、他にもクラブやライブハウスなどでも精力的に活動。
現在はインストラクターとしてARTN TAP DANCE STUDIOやスポーツクラブ等での指導にも力をいれている。






栗原 由佳
10歳の頃、ミュージカル「アニー」ケイト役で初舞台。子役時代から舞台やテレビ等に出演し、その後大阪芸術大学へ進学する。
タップダンスは1991年から習い始め、2005年より現在までみすみ”smilie”ゆきこ女史に師事。
主な出演作品には、「レ・ミゼラブルinコンサート」(コーラス/大阪公演)、「ビューティフル・ゲーム」(櫻井翔主演)、「モダン・ミリー」、「パイレート・クィーン」(東宝)、Dr.ジミースライド来日公演「SWING MAN」、「東京リズム劇場」、「ナショナルタップディ」、「東京インターナショナルタップフェスティバル」、ライブ「平和の森」HOOFERS(YOUNG HOOFERS)など。
2007年にはハワイタップフェスティバル、2008年にはシカゴタップフェスティバルに参加。
最近ではミュージカル俳優のライブにも積極的に出演し、幅広く活動中。
荒木 隆広






EMIKO
4歳よりジャズダンス、6歳よりタップダンス・ストリートダンスを学び、8歳よりみすみ”Smilie”ゆきこ女史に師事。2014年JTSP(日本タップダンス奨学生制度)第8期生として、シカゴタップフェスティバルに参加。ARTN Companyメンバーとして国内外で多くの舞台に立つ。現在も度々海外へ渡り、多くのタップダンサーからの指導を受ける。
2017年、KAWASAKI TAP FESTIVALソロコンテスト一般の部にて、グランプリを受賞。2018年、CM 東京靴流通センター『LOVE PRICE 宣言に出演。インストラクター、パフォーマーとして活躍する傍ら、ライブ出演など、新たなことに挑戦中。






永井 大雅
3歳からセントラル子供タレント所属。シノザキシステム卒業。
ミュージカルでタップダンスを見て惹かれ、4歳よりタップを始め、8歳よりみすみ“Smilie”ゆきこ女史に師事。
「ナショナルタップデイ」「東京インターナショナルタップフェスティバル」などに出演。
ARTN Youth Company サブリーダーとしてARTN Company公演にも出演。

2015年 JTSP(日本タップダンス奨学生制度)オーディションに合格し渡米、第9期日本代表奨学生としてシカゴタップフェスティバルに参加し、CHRP25周年を記念したショーにも出演。
同フェスティバルに2017年にもJTSPメンバーとして出演。
2017年NYで開催された The Big Apple Tap FestivalにARTN Companyとして出演。
谷澤 和真



Ani



Mick



TOPへ戻る