qrcode.png
https://artntap.com/
モバイルサイトにアクセス!
ARTN TAP DANCE STUDIO
東京都渋谷区代々木1-51-9
ルネッサンス代々木98 1F
TEL03-6424-5566
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
116362
 

奨学生の感想・写真(2011年~14年)

 

2014年

2014年
フォーム
 
シカゴ 中川恵美子
2015-10-04
JTSPの奨学生としてシカゴに行き、たくさんの外国人に交じって、1週間タップ漬けの日々を送る。
できるだけ多くのステップを習い、たくさんのダンサーと交流し、ダイアンやデリックに1歩でも近づきたい。 世界中のタップダンサーとも友達になって、クラスの後にインプロをする・・・ 夢のような毎日を思い浮かべて、るんるん気分でシカゴに乗り込んでいった私は、2日目にしてこなごなに打ち砕かれることになる。
素晴らしい環境、夢のような時間、尊敬すべきたくさんの先生に毎日ご指導いただきながら、わたしは嫌というほど自分の課題に直面した。
そんな1週間について、レポートしたいと思います。
 
1. 私が受けさせていただいたレッスン
・Charles Renato 賑やかだけどゲームまでもがとても難しいクラス。文句なしで、大好きな先生です。 ・Jason Janas 二列目以降になると振りを覚えるスピードが落ちてしまうほど進むスピードが速いクラス。みんなが“凄いよ”という理由がよくわかりました。
・Derick Grant 熱くて分かりやすく、生徒同士のコミュニケーションもとれる内容が多いクラス。日本では見えなかったMr. Derickの一面を見ることが出来ました。
・Dianne Walker 丁寧でマスターや歴史について多くの学びがあったクラス。とてもここには書ききれないほどの気づきと学びをいただきました。
・Guillem Alonso スペインの10拍子の独特なリズムを学べたクラス。私にとって未知の領域のステップでした。
・Sam Weber 基礎を見失いそうになるくらいの複雑なステップ盛りだくさんのクラス。苦戦したけれど、Samの音には魅了されました。
・Cartier Williams 激しくて、けれどアットホームなクラス。足さばきがものすごかったです。
・Jay Fagan 2パターンをみっちり、そして楽しくやれたクラス。でも私的にはちょっと混乱する部分もありました。
・Smilie 毎晩ホテルで行われたJTSP生だけの特別講義!
 
2. 私が参加させていただいたイベント
レッスン以外には、Jazz Showcaseで踊ったり、JUBA!という先生方が出演されたショーを3回も観に行かせていただいたりしました。
Student Showcaseではソロパーフォーマンスの機会をいただき、皆の前で踊らせていただきましたが、幕にいらした先生方、客席で観ていた先生方や仲良くなったお友達が、褒めてくださって、本当に嬉しかったです。
タップ以外では、ワーキングスカラシップとしてミーティングに出たり、Mr.Lane Alexanderのクラスの出欠をとったりしました。
そしてJTSP恒例のシカゴピザを食べにも連れて行ってもらいました。
3. シカゴでの1週間で感じたこと、気が付いた課題
出発前、私はJTSPの1週間を通じて、
・とにかくできるだけ多くのクラスに参加すること
・尊敬する先生方から、一つでも多くのステップを吸収する事
・先生方が大切にされていることを、ステップ以外のことも教わること
そんな漠然とした目標を立てていました。しかし初日からの4日間コースで、タップ漬けということの本当の意味を知りました。
私は4日間コースで5つのクラスを取ったのですが、各クラスの間は10分しかない上、クラスごとに内容や進め方が違い、とにかく集中しないと、どのクラスもついていけないと思いました。
Mrs. DianneとMr.Janasのクラスではマスターたちのいろいろな話を聞くことが出来ました。
また生徒たちもその話に真剣に耳を傾けていました。その姿を見ていて、自分がこれからの人生をかけて学ぼうとしているダンスの歴史そのもので、私たちもそこから何かを学び、そしてそれをいつか後輩たちに伝えていかなければいけないのだという事に気が付きました。
もちろんみすみ先生からも、毎日毎晩、とても書ききれないほどのお話を聞かせていただきました。マスターたちの話ばかりでなく、先生方の面白いエピソードだったり、失敗談だったりで、同じJTSP生のもあちゃんと楽しく聞くことができました。
また、多くのタップダンサーに囲まれた環境の中で、タップダンサーとしての自分を改めて見つめ直すことができました。それは練習における自分の姿勢に関するものでした。私はこれまで、綺麗な音を鳴らすことが大事だと思っていましたが、そもそも「きれいな音を鳴らすために必要なことは何か」ということを真剣に考えていませんでした。Mrs. Dianneからは、プライベートな時間に、まず自分の音をよく聞くように、聞けば聞くほどいい音がでるよとアドバイスしていただきました。私はシカゴでの1週間、とにかく自分の音に向きあおうと思い、耳を傾け続けました。そのおかげで、これからの練習の課題やヒントをたくさん見つけることが出来ました。
シカゴでの1週間で、足のケアやウォーミングアップがどれだけ大切なのかもわかりました。幸い私はシカゴで足を痛めることなく、すべてのクラスをいい状態で受けることが出来ましたが、それは同じ部屋にみすみ先生というお手本があったからです。
先生からだけでなく、クラスで出会った生徒との交わりからも、たくさんの課題をいただきました。
まず、自分の魅せ方です。アメリカ人ダンサーのあの底抜けに楽しそうな笑顔、体からほとばしる情熱は、いまの私にはないものです。以前からも自分の一番の課題と思っていましたが、今回あらためて感じました。
課題2は、その場で瞬時に振り付けを考えるという技術です。私なりに引き出しはあるはずなのに、どうも瞬時にそれを出すことができません。いいところを見せてやろうとか完璧に踊れるだろうかという心の弱さなのかもしれません。同じクラスで仲良くなったお友達のアドリブ力にはびっくりしました。
課題3は「インプロ」です。Mr. Derickのクラスではインプロを使ったゲームがたくさんあったのですが、ここにも私の課題があるようです。Mr. Derickからは、たくさん曲を聞いて踊りなさいというアドバイスをいただきました。こればっかりはもう練習あるのみです。
4. 最後に
シカゴでの1週間は私にとって本当に素晴らしい、夢のような1週間でした。たくさんの人との出会いがあり、そして発見がありました。心も頭もいっぱいいっぱいになるほどの充実した1週間で、私のペンではとても伝えきれないほどの経験ができました。タップダンスを始めて11年になりますが、こんなにも濃密なタップの時間を過ごしたことはありませんでした。みすみ先生と一緒に1週間過ごせたことも、私にとって一生忘れられない思い出です。
出発前に少しだけ英語以外の言葉も予習していき、スペインやブラジルの先生に思い切って話しかけて通じたときは、すごくうれしかったです。
最後になりましたが、今回、このような素晴らしい経験をさせて下さったMr. Lane Alexander、みすみ先生、BASEMENTの皆様をはじめとするスポンサー・サポーターの皆様、そして両親に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
 

2013年

2013年
フォーム
 
シカゴ 中川美海
2015-10-04
私は、JTSP奨学生として、シカゴに行かせていただきました。
ARTNスタジオで海外のTAPの先生に教わっ た事もあり、とても興味深々でした。
私は今回が初海外だったということもあってとても、楽しかったです。
 
着いた一日目は、展望台に行ったり、ご飯を食べに行ったりしました。
展望台からの景色は、高層ビルが下に見えたり、 湖が見えたりしてとても素晴らしかったです。
ご飯を食べに行った時は、ものすごい大きいお皿にたくさんパスタが盛ってあったので、ビックリしました。
やっぱり、日本とは全然違うなあと思いました。
私はその日は時差ぼけでとても眠くなってしまったので夜ご飯も食べずに寝てしまいました。
 
次の日から、フェスティバルに参加しました。
一日5レッスンのハードな日が4日間と、3時間のレッスンの日が一日と、レッスン最終日には4レッスンを受けされていた だきました。
私が受けたレッスン全て良かったのですが、中でもMr. Derick Grantのレッスンが楽しかったです。 Mr. Derickのレッスンでは、 みんなで輪になってインプロを回していったり、一人ずつ踊ってみたりした ので、私にはピッタリのレッスンでした。
フェスティバル1日目の夜には、jazz showcaseに行きました。出ていた人は、プロの方が多くて観入ってしまいました。
司会は、Mr. Lane、 Ms. Lisa で豪華でした。
そんな場所で、耕平くんとしょーたさんと私で踊らせていただくことができて、とても嬉しかったです。
みなさんとても素晴らしかったのですが、一番心に残ったのがMr.Nicoです。Mr. Nicoは、私が見たこともないステップをやっていたり、見ている人を釘付けにするような踊りでした。 一生に一度のあの日はとても心に残っています。
3時間のレッスンの日の夜はstudent showcaseに参加させていただきました。
みなさん、 とても魅力のあるナンバーを出していたのでとても楽しかったです 。
私も、踊らせていただきました。踊り終わった時はみんなが、 褒めてくださったり、ハイタッチしてくださったりして、夢のような時間になりました。
今回シカゴでは、「JUBA!」 というshowを3回観に行かせていただきました。出演者全員がプロの方で、圧巻でした。 あっという間の時間だと感じました。私は、「 私もアメリカのステージで踊ってみたい!」 と心の底から思いました。
それくらい、素晴らしかったです。
他に嬉しかったことは、シカゴで友達がたくさんできたことです。 みなさん、たくさん話しかけてきてくださったり、 写真を 撮ったりしました。
もし、またシカゴに行ったときは、 自分が成長した姿をみていただきたいです。
レッスン後に耕平くんとしょーたさんと、私で、 シルバービーンズを見に行きました。自分が写ったので、とても面白かったです。
 
今回このような、体験をさせていただいた、みすみ先生や、ベースメントの方々、Mr. Lane、協力してくださった方々、 両 親に感謝しています。
今回の経験を生かして、 自分自身もっともっと勉強してタップもレベルアップさせ、 日本の人々に尊敬されるようなタップダンサーになりたいです。
そして、いつか必ず、 世界に認められるタップダンサーにな りたいです。
 
本当に皆さんに感謝しています。ありがとうございました。
 

2012年

2012年
フォーム
 
シカゴタップフェスティバルに参加して
2012-10-04
初めて参加させていただきました。
見るもの、聞くもの、すべてが新鮮でその場にいる自分が、本当に贅沢な時間に感じ、またみすみ先生を始め、バックアップしてくれた多くの方に感謝 感謝の10日間でした。
シカゴタップフェスティバルに参加させていただいた感想を下記のようにまとめてみました。
 
①タップの世界観が変わりました。。・・・・・・・・タップダンスという世界を、日本という枠を超えて考えれるようになりました。敷居の高いワールドが、身近に感じられるようになりました。世界で同じ価値観を持っている、そしてタップに命をかけている方々に直接出会え、勇気をもらうとともに、このすばらしい人たちと共有できる空間は、私にとって一番の宝物になり、感謝仕切れませんでした。このありがたい思いを、これから、日本のタップ業界の未来のために役立たせていただきます。
 
②日本人としてのタップ・・・・・・・・・・・・・・・・今回、SUJI先生、みすみ先生率いるARTNのカンパニーの皆さんのステージを海外の枠で拝見させていただきました。タップは、アメリカのもの。日本舞踊を、外人が日本で踊るようなものです。それはそれは、大変なこと。ダンスは、やはり「表現」の一つ  同じ振り付けを踊ったとしても、みんな違うのは当たり前です。でも、その振り付けた人の魂は、その振り付けの中に生きていると思います。ARTN皆さんは、みすみ先生の魂を通してマスターの魂を、SUJI先生も日本で培われた熱い思いの魂で踊られました。そして,その根底にあるのは、お二人とも日本人としてのDNAが、あのすばらしいステージを作り上げたのだと思いました。
タップは、アメリカのもの  でもそこに日本人の心「わび さび」を感じたのは、私だけでしょうか・・・静けさ、優しさの中に、根底に広がる力強さ    I proud of them タップは、アメリカのもの。でも魂は日本人として踊ることの大事さをかんじました。
 
③過去現在そして・・・未来へ・・・・・・・・・・★今回YOUTHというすばらしいカリキュラムの中にMIKKU、そうま、たくとが参加させていただきました。生まれて初めての一人の海外、そして言葉の通じない世界でのタップ訓練。 はじめは、さぞかし不安だったことでしょう。しかしさすが選ばれただけありますね。みんな、同じ方向性を持っいてる子供たち。すぐ助け合い、その世界観のある世界に飛び込むことができたようです。
ただ、その環境にしてくれた、一緒に行動してくれた、日本人メンバーがいてくれたからこそ!!皆さん本当に、気を使ってくださいました。感謝しきれません  ありがとうございました。
3人ともテクニックはもちろんですが、私にはもう一つづつ大事なものを得たような感じがします。そうまは、「優しさと素直さ」を  たくとは「冒険心」を  MIKUは「本気 やる気」を!!みんなすばらしいおみやげを持ち帰りましたね
 
★ショーケース ワークショップを受けてまず感じたことはすべてに関してFamilyを感じました。どの先生も昔活躍されたマスターや音楽家をリスペクトし、次の世代に引き継ごうとしていました。若い次世代の子たちも、それに耳を傾けていました。
すばらしいことだと思いました。明日の光を感じました
そして私がこれからやっていかなければいけないこと。時代はどんどん変わります。おぼつかない頭でもいつも勉強していきたい。止まってはいけない。できてもできなくても、その姿勢を後輩に見せていいかなくてはいけない。肌で感じたことは、肌で伝えていかなくてはいけない。明日のタップの光をつなぎたいと思います。
 
杉浦ヒロ
 

2011年

2011年
フォーム
 
みすみ゛Smilie゛ゆきこ
2011年[シカゴタップフェスティバル]は21回目を迎え、趣向を変えて新たなスタートしました! アメリカンタップだけではなく、世界中の様々なエリアをフューチャーしていこうと言う企画が始まったのです。
もともと「グローバルリズム」というのを大切にしていたプロデューサーのレーン・アレキサンダー氏。
まずは、一番近くなじみのあるカナダのタップダンサーをフューチャー。
マンハッタンタップを主宰し、長年頑張っているヘザー・コーネル女史に賞が贈られました。
近い将来アジアをフューチャーしてくれるそうですので、これからも色々話し合っていきたいと思います。とても楽しみです。
今回感じたことで一番印象に残ったのは、10代の若い子達(特にローティーン)の素晴らしい身体能力です。このままいくと5年後には日本人は全く力が及ばないな~って正直思いました。
すごい底上げのスピードです。 アメリカのパワーを感じました!
1
 

奨学生の写真・感想等

奨学生の写真・感想等
     
<<ARTN TAPDANCE STUDIO>> 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-51-9 ルネッサンス代々木98 1F
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
info@artntap.com TEL:03-6424-5566