qrcode.png
https://artntap.com/
モバイルサイトにアクセス!
ARTN TAP DANCE STUDIO
東京都渋谷区代々木1-51-9
ルネッサンス代々木98 1F
TEL03-6424-5566
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
115419
 

奨学生の感想・写真(2011年~14年)

 

2014年

2014年
フォーム
 
台湾 吉川久美子
2015-10-04
今回、東京インターナショナルタップフェスティバルと台北タップフェスティバルの交換留学制度の奨学生として台北タップフェスティバルに参加させていただきました。
初日は日本でのイベントのため参加できなかったのですが、2日目から合流し、ワークショップを6日間で計16クラス受講し、フェスティバル後半のショーも3回観覧することができました。9日間びっしりタップ漬けの毎日は、私にとってはとても充実した刺激的なものでした。
 
ワークショップの会場となったDance Worksには大小二つの教室があり、子供から大人まで大勢の人達が出入りして活気に溢れていました。スタッフの方達もとても明るく親切に対応していただきました。ワークショップには、台湾の他にも香港、中国、日本からも参加していて、皆さん熱心でパワフルでアジアは熱い!と感じました。いろいろな国の人達と交流が持てたのも良かったです。
 
ワークショプでは、りずむK先生、PORI先生、Melinda Sullivan、Josette Wiggan、Derick Grant、Sarah Reichの6人の先生のクラスを受けました。どの先生もそれぞれのスタイルがあり、それを間近で見ながら肌で感じることができたのが良かったです。個性は違いますが、どの先生も共通して同じことを言っていることがあり、「音楽を聞いたらすぐに身体に取り入れて」とか「ポーズ(休符)を感じることは音を出すことよりも大事なこと」など頭では理解していてもなかなか出来ないことを分かりやすく教えていただきました。また振付のリズムの取り方なども音楽にしっくり合いかっこよく洗練されていて、学ぶ点が多かったです。どの先生も魅力的でしたが、中でもMelinda Sullivan先生の身体の使い方がとても美しく女性的で力強く、レッスン中何度も見惚れてしまいました。まだ来日したことがないそうなので、是非東京インターナショナルタップフェスに呼んでいただきたいと思います。
 
今回それぞれの先生のステップやエクササイズ、振付を教わり、自分の引き出しにはないものをたくさん得ることができました。浜松のスタジオの皆さんにもレッスンで聞いたお話なども交えながら少しずつシェアさせていただいていますが、自分の中でもしっかり消化して身体に叩き込んでいきたいと思います。
 
後半のショーは、一つ目のりずむKアンサンブル&PORI先生のステージは、ミュージシャンとの一体感が伝わり、観ている側を楽しませたりと魅せるステージ、二つ目のMelinda Sullivan、Josette Wiggan、Sarah Reichのアメリカ人女性3人によるステージは、女性ならではのヒールでのタップや(Melindaの10cmくらいあると思われるハイヒールには驚きました!)でも力強さもあり、バラエティに富んだ内容でした。ティーンエイジャーの頃から知り合い同志という3人の仲の良さも表れていました。3つ目のARTNカンパニーによる「Legends of Tap」のステージは、会場全体がマスター達に敬意を払う愛、タップダンスへの愛に包み込まれており、観ている人達の心に静かに染み入る、そんな内容のステージでした。終演後にDerickが涙を流しながらみすみ先生に駆け寄っている姿が印象的でした。
 
以上が台北タップフェスティバルでの感想ですが、今回もう一つの役割を果たすことができました。台北にはDance Worksの他にも百老匯踢踏舞學校というスタジオがあり、そこのオーナーの謝玲さんとは10年来の付き合いで、HIROタップダンスシティ15周年記念公演にも台湾のスタジオの生徒の皆さんが参加してくださり、姉妹校関係にあります。しばらく交流が途絶えていたのですが、私が台北タップフェスに参加することを機に連絡を取り合い、また皆さんと再会することができました。台湾でのタップシーンは10年前頃から盛んになり、2年前にピークを迎え、今また落ち着いている状況とのことでした。台湾はとても近い国ですし、お互い情報交換をし合い、これからももっと交流を図っていけたらと切に思いました。
 
今回このような貴重な機会を与えていただいたみすみ先生、PORI先生、Dance Worksの皆さん、そして台北行きを後押ししてくださったHIRO先生に心より感謝申し上げます。 ありがとうございました!
 

2013年

2013年
フォーム
 
2013年 JTSPご挨拶 / JTSP代表 みすみ"Smilie"ゆきこ
2015-10-04
JTSP2013はNY Tap Cityに2名、シカゴTap Festival に2名送り出しました。
NYは大人、シカゴは子供・大人関係なくオーディションで選ばれた4名が渡米しました。
私はシカゴに同行しました。
昨年も子供を連れて行き、ユースの特別プログラムに入れましたが、今年は大人の一番難しいレベルのクラスに突っ込みました。1日5レッスン、プレプロフェッショナルなハイレベルのクラスですが、同世代のアメリカの子供たちがガンガンついてくるのを目にして、良い刺激になったと思います。
JTSP生の評価も毎年とても高いので、日本自体も評価されていますが、近年アメリカは子供たちの底上げが本当にすごいです。
そのせいか今年は講師も若い人が増えました。
そんな中で 中堅やベテランの方々のDeepなクラスも魅力的です。
今年はJTSPメンバーの酒井ショータ君が参加していたので、よく後輩の面倒をみてくれて助かりました。
思いの他、自分の時間が持てたので、私のメンターであるダイアン・ウォーカー女史と過ごす時間が沢山とれて、私自身もリフレッシュできました。
毎年 生徒たちを支えて下さるサポーターの皆様、ご理解下さるJTSP生の各先生方、奨学金を提供して下さるフェスティバル主催者とBASEMENTさんに心より感謝を申し上げます。
NY・シカゴの他、今年はスカラシップ枠を提供したLA Tap Festival に1名、そして東京International Tap Festivalと台北Tap Festival の交換留学制度で1名、希望者が参加しております。
 
JTSP 代表 みすみ"Smilie"ゆきこ
 

2012年

2012年
フォーム
 
2012年 JTSPご挨拶 / JTSP代表 みすみ"Smilie"ゆきこ
2012-10-04
JTSP 6年目の今年は、NY TAPCITYに1名、そしてシカゴタップフェスティバルに3名奨学生を送りました。 (残念ながらLAの希望者はいませんでした)
 
NYには私は同行出来ず、射場君が1人でがんばりました。
沢山良い経験をしてきたようで嬉しく思います。
 
そしてシカゴタップフェスティバルでは、私と浦上雄次(SUJI)が講師&パフォーマーとして招聘されました。念願の日本人後進に繋げることができ、感無量でした。
そしてパフォーマーとしてARTN Company[Legends of Tap]が呼ばれました。
ありがたいことです。
 
そしてJTSPの新たなチャレンジとして、初めて未成年の子供達を連れて行き、ユースプログラムに入れました。
昨年、アメリカでは子供達がすごく育っているのを目の当たりにし、これはうかうかしてられないと思ったので、今年はチャレンジしてみました。
 
ユースプログラムは、上級の子供たちが5日間同じメンバーで決まったプログラムを受けます。
午前は基本クラス、インプロクラスを毎日違う講師から学びます。午後は、様々なジャンルにトライ、そして最後は振付クラス。
今回3人はミッシェル・デュランスの振付クラスに入っていたのですが、彼女は一身上の都合で来られず、代講となってしまいました・・・残念でした。
でも、その作品を最終日のステージで、生徒の皆で踊ることができました。
3年がかりの作品だったそうなので、今年初めて参加の生徒は出番が少なかったのですが、トップレベルの人達の踊りを袖から見られたことや、アメリカのステージ立てたことや、楽屋を共にできた事などは、貴重な経験になった事と思います。
 
最後に、私がすごくハードスケジュールだったので、子供達の面倒を思うように見れず、それを悟ってお手伝に来て下さった杉浦ヒロさん、くみさん、橋本祥さんに心から感謝を申し上げます。
 
今回は、SUJI君もARTNカンパニーもJTSPの生徒さんにとっても、初めての経験で、そんな皆さんをサポートしようと、私自身が今までには無かった かなりの緊張とプレッシャーで過ごしておりました(笑)。 そして、行きからフライトがキャンセルになるという大ハプニングに見舞われましたが、なんとか全員けがも病気もせずに帰国できて、本当にホッとしています。
 
そして、今年は台湾がJTSPに習って、TTSP(台湾タップダンス奨学生制度)を立ち上げてくれました。道を作れたことを嬉しく思います。 今後も奨学生へのサポートをどうぞ宜しくお願いいたします。
 
JTSP代表 みすみ”Smilie”ゆきこ
 

2011年

2011年
フォーム
 
奨学生の感想(3)
シカゴタップフェス「Rhythm World 21」に参加してきました。
Lane Alexanderさんがプロデュースし今年で、なんと21回目のこのフェスは想像以上に素晴らしいものでした。
滞在したホテルの隣、Fine Arts Buildingと Roosevelt Universityがレッスン場。エレベータが手動だったり、建物に歴史を感じさせる趣がありハリウッド映画で見たような数々のテナントを目に次のレッスンへの移動に歩くだけでもわくわくでした。
最終日には予約していなかった先生のクラスも追加で受講。参加できずとも見学できるクラスは見ていたり可能な限りたくさん触れてきました。3ヶ月前の申し込み時、どの先生のレッスンを受けたら良いか迷いましたが、どの先生も素晴らしかったです。
レッスンは4つのレベルに分けられており、ウォーミングアップも先生によって様々。日本でもよく習うSteve Condosさんのステップはもちろん、柔軟体操を含んだようなステップもありました。私が受けた18レッスン。どれも個性があり学べることが楽しくてしかたがなかったです。的確なアドバイスで2分くらいの間にできない技を鳴るようにしてしまう先生のマジックにも驚きました。日本でのWSでもそうですが、質問して理解した事や、全然できなかったことの方が強く記憶に残っています。心が折れそうになりますが上のレベルクラスに挑戦するのは大きな意味があります。普段仕事や家事などでなかなか朝から晩まで練習することは難しいですが、この一週間は違います。思いっきり打ち込めて練習することの楽しさや集中力など気持ちも体力も向上しました。習ったことを日本に持ち帰って自分のものにしていって、これからこれらをどうしていくかが重要であり、スタートです。
今回 Dianne Walker は6レッスン受講。彼女のタップを見たい。話を聞きたい、と人気のクラスです。力で音を鳴らす子供たちに「床を殺す気?」とお茶目に言うDianne。彼女がワンフレーズ踏むだけで空気が変わり、音も、リズムも、グルーヴも、体の使い方も、溜め息が出るほど全てが魅力的。タップは筋肉が元気な若者だけのものではないという素晴らしさの証明です。4日連続レッスンではLeon Collinsの77番とEddie Brown、仕上げには色々なテンポの曲に合わせて踊り同じ振付での違うノリを学びました。5日目のオーディションクラスは「映画TAPのヒロイン役がDianneだったかもしれないという衝撃の事実」など楽しい体験談を聞きつつ舞台「Black & Blue」で実際踊ったショウならではのアップテンポの男女別振付を皆でステージさながら感情込めて踊りました。6日目のレッスンはスローな曲の前奏で数人にインプロ挑戦させ、一生懸命取り組む生徒さんを優しく見守っている姿が印象的でした。
レッスンの7日間。毎夜フェス企画の盛りだくさんのショウ。レッスン着でホテルを出て爽やかな暑さの中歩くシカゴの街。広いスタジオ。早目に行って自主練。レッスン後空いているスタジオを見つけて自主練。タップのことだけに浸っていられる毎日。みすみさんのおかげでDianneはじめ豪華タップダンサーの方々とのお食事会にも参加させていただきました。超人のようなタップダンサーも子供の写真を見せたがったりする優しいママの顔だったり。友達のように迎えて下さったり。一日中タップを満喫し、色々なことに触れられる贅沢な一週間でした。初日にはリハ場で誘ってくださり6人でジャムセッションし、それが、Nico, Tre, Jecicaというすごいタップダンサーだったということを後で知ったという思い出もできました。
タップダンスの本場アメリカ。止まらずに進化している。でも歴史を大切にしている。先人に感謝の気持ちを忘れない。世界中から参加しているタップダンスを愛する人々。ちびっこから年配のかたまで皆さん熱心で、話す言葉は違えどタップは共通語。すぐ友達になれました。3月の震災に親身に胸を痛め心配くださる声もたくさんいただきました。最終日、別れの挨拶は笑顔で「See you next year」。ずっと続いていくあたたかさを感じました。実際帰国後Facebookで毎日皆さんと繋がっています。
今年のフェスはカナダをトリビュート。カナダ出身の素晴らしいタップダンサーをたくさん知ることができました。将来はアジアを予定しているそうで日本からも多くのタップダンサーが参加することと思います。タップのフェスティバルは毎年世界各地で開催されていて今回シカゴフェスからLAフェスへ、はしごする方も結構いました。私もまた参加したいです。そして多くの方々に参加をおすすめします。また世界から多くの人が日本のタップフェスにも来てくださるようになりどんどん広がっていくと期待しています。
タップが大好き。アメリカが大好き。タップの国のタップに触れてみたい。タップをもっと知りたい。タップをもっと広めたい。日本のタップを元気にしたい。オーディションに応募しようと思った昨年末から多くの葛藤がありましたが挑戦したことだけでも多くのことを学ぶことができ本当良かったです。そして合格してからプロのタップダンサーの皆様から「奨学生という立場で責任を感じているだろうけれど、どうぞ楽しんできてね」とお言葉をいただきました。そうなんです、タップって楽しいんです。そしてタップをする人は素敵な人ばかり。是非皆さんも挑戦なさってください。
ベースメントの藤井さん、スポンサー、サポータのみなさま、Laneさん、フェスのタップダンサーのみなさま、オーディション審査員の方々、オーディションを一緒に受けた同志のみなさま、タップの先生方、いつも一緒にレッスンを受け自分のことのように緊張して応援してくださったみなさま、私の家族、本当にありがとうございました。この感謝の気持ちをいつまでも忘れず精進します。
そして一緒にシカゴに渡ったお二人。色々お世話になりました。Student Show Caseに出演する為、3人でリハを重ね、シカゴに入ってからも時間を見つけて、時にはホテルの絨毯に足を持っていかれながらも練習していたのに、些細な行き違いでステージに立つことができず伝説のオチとなりましたが3人で練習したことは財産です。天然トリオ、とても楽しかったです。そして、今回一緒に旅をしていただき何から何までお世話になりましたみすみさん、心の支えであり、守っていただき安心してレッスンに打ち込むことができました。ひとりでバスにも乗れました。ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 アメリカはやっぱり何もかもでかい!!!
4
 

奨学生の写真・感想等

奨学生の写真・感想等
     
<<ARTN TAPDANCE STUDIO>> 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-51-9 ルネッサンス代々木98 1F
○JR山手線 代々木駅(西口・北口)より徒歩3分
○地下鉄大江戸線 代々木駅(A1・A2・A3出口)より徒歩3分
○小田急線 南新宿駅より徒歩0分
○地下鉄副都心線 北参道駅(1出口)より徒歩10分
○新宿駅からも徒歩圏内
info@artntap.com TEL:03-6424-5566